2018年01月31日

Vol.1899「“会計事務所”から、“経営サポート業”へ」


「本業は何ですか?」


と聞かれた時、

答える内容によって、

その人の仕事の範囲が定まります。



われわれの業界であれば、


「税理士業です」とか、「会計事務所です」


と回答するのが一般的でしょう。



そうすると、世間の人は、

「税金の専門家」

「経理のプロ」

「申告書を作成する人」

として見ますし、


言った本人も、

そのように認識するはずです。



ただし、これからの時代、

税金等の専門的知識や、経理等の単純作業は、

確実に、機械やAI(人工知能)へと

置き換わっていきます。



いままで成り立っていた仕事自体が、

無くなるのです。



したがって、われわれは、

時代の変化に対応して、

仕事の範囲、さらには「本業の定義」を、

見直さなければなりません。




例えば、当社で言うと、

本業は、


「会計事務所」ではなく、「経営サポート業」


だと考えています。



この定義の中に、

上記で掲げたような、

「税金の専門家」や「経理のプロ」

といった要素が含まれるのは当然です。



ただ、「経営サポート」ですから、

単純に決算書や申告書を作って終わり、

過去の数値を分析して終わり、

ではなく、


お客様の経営に踏み込んだ形で、

アドバイスをしたり、気付きを与えたり

といったことが必要不可欠となります。



今後は、


「お客様どうしの取引の仲介」や、「社員教育」、「後継者育成」


なども、

「経営サポート」の一環として

求められるのかもしれませんね。



「本業の定義」を変えると、

可能性も広がるのです。




そして、このことは、

当社に限った話しではありません。



あらゆる業界で、

「本業の定義」を見直すべき時代

に入っています。




自社の本業は何なのか?


それは、何のためにやるのか?



これから5年〜10年先を見据えながら、

真剣に考えるべき時ではないでしょうか。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 「本業の定義」によって、その人の仕事の範囲が定まる。

■ 「本業の定義」を変えると、可能性も広がる。

■ 5年〜10年先を見据えながら、

  「本業の定義」を真剣に見直すべきではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 22:11| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

Vol.1898「“生みの苦しみ”を感じていますか?」


現在、とある講座を企画中

なのですが、

正直、「生みの苦しみ」に

かなり悩まされております(汗)。



心の中で、


▼ 集客できるのだろうか・・

▼ 本当にやった方がよいのだろうか・・

▼ やっぱり無かったことにしてしまおうか・・(笑)


などと、弱気な自分が出てきたり、

はたまた、


▼ この企画は、まさに今、世の中に必要とされているはずだ!

▼ お客様にも喜んでいただける!

▼ この企画によって、ひいては地域がよくなる!


などと、強気な自分が出てきたり。



民間企業による今回のような講座への取組みは

県内初ということもあり、


解なき答えを探している・・

そんな感じです。



ただ、そうやって、

新しい企画を練るべく、


あ〜だのこ〜だのと試行錯誤しながら

情報収集に努めたり、

他者に意見を求めたりすること自体は、


長い目で見ると、確実に

自分を成長させてくれるはず。



いや、むしろ、

経営者やリーダーの立場にあって、

「生みの苦しみ」を全く感じていないとすれば、

それは危険信号かもしれません。



なぜならば、

新たな挑戦をしていない、

もしくは

惰性で過ごしている

可能性が高いからです。



そういう意味では、

「生みの苦しみ」を感じているかどうかは、


自己成長できているかどうかの1つの判断基準


になりますね。




・・と、前向きに捉え、

引き続き、企画を掘り下げて参ります!




本日は、短めで。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 「生みの苦しみ」を感じているかどうかは、

  自己成長できているかどうかの1つの判断基準である。










posted by 安野 広明 at 21:51| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

Vol.1897「“経営計画書”は、作成してからが本番です!」


当社がおすすめしている

「経営計画書」(*)は、

作成することがゴールではありません。


* http://annokaikei.com/plan



作成したものを、どのように活用するか、


言い換えれば、


「経営計画書」を社員さんに

どのように浸透させ、行動につなげていくか

が重要になります。



なぜなら、

いくら経営者が方針を「決定」しても、

それを「実行」するのは社員さんだから

です。



したがって、

作成までの段階には、正直、

あまり時間をかけていただきたくない・・



立派なものでなくてもよいので、

まずは形にすることが大事でしょう。




とはいえ、ほとんどの経営者は、

「経営計画書」に興味はあれど、

作成段階で足踏みをしてしまいます。



まあ、確かに、

方針等を文章にするのは面倒くさい作業ですし、

目の前の仕事を優先してしまうお気持ちも

分からなくはありません。



そこで、当社が推奨しているのが、


(公表されている)他社の「経営計画書」の一部を

真似することで、自社のものを作ってしまう


というやり方。



実際、当社の「経営計画書」も、

他社を真似するところから入りました。




ちなみに、当社の強みは、

理屈だけで「作った方がいいですよ〜」

とおすすめしている訳ではなく、


自社でも「経営計画書」を作成し、

実践していること。



そしてその、

実践している経営者として

私(安野)が強調したいのが、

冒頭にも申し上げた、


「経営計画書」は、作成するまでよりも、

作成してから、社員さんへ浸透させる作業の方が、

何倍も大変だという事実。



何度もしつこく同じことを伝え続けるには、

かなりの時間とエネルギーを要します。



・・ですので、

作成する段階で、立ち止まっている場合ではありません!


 
いや、ほんとに(笑)




もしも、


「そうは言っても、何をどう真似すればよいか見当もつかない・・」


という方は、

よろしければ、当社の「経営計画書」を

参考にして下さい。



*詳細についてのお問い合わせは、こちらまで。
    ↓
http://annokaikei.com/contact


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「経営計画書」は、作成することがゴールではない。

  作成したものを、どのように活用するかが重要である。

■ 手っ取り早いのは、

  他社の「経営計画書」の一部を真似することで、

  自社のものを作ってしまうやり方。

■ 何はともあれ、

  まずは形をつくりましょう!

  








posted by 安野 広明 at 22:23| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする