2017年12月28日

Vol.1865「“切磋琢磨の関係”が、コミュニティを活性化させる」


昨日は、

次世代リーダーの会(*)を開催。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/leader



当会を起ち上げたのが平成24年12月ですので、

丸5年が経過します(月1回の開催)。



メンバーの成長と共に、

いい感じで

中身も濃くなって参りました(笑)。



昨日ご参加されたメンバーの中にも、



▼ 新たな事業を始めた方がいらっしゃったり、


▼ 地元で、町づくりの実行委員会を起ち上げ、

  町民を巻き込んだプロジェクトに取組んだ方がいらっしゃったり、


▼ 来年、とある一大イベントを仕掛けようと、

  企画されている方がいらっしゃったり、


▼ セルフイメージを言語化できたことで、

  仕事が楽しくなり、仕事の幅も広がって、

  生きてきた中で最も充実した一年だった

  と振り返る方がいらっしゃったり・・



皆さん、それぞれ

前向きに挑戦されていて、


正直、主催している私(安野)が、

一番刺激をいただいています。



これぞまさに、


「切磋琢磨の関係」


ですね。




とりわけ、田舎の場合、

同業種で集まれば

腹の探り合いになりがちですし、


異業種であったとしても、

目立てば出る杭は打たれる

みたいなところがあります。



それでは

切磋琢磨どころか、

引きずり下ろし合い(!)

のようなもので、

そこから新たな挑戦は生まれにくいでしょう。




私は、

どんなコミュニティであれ、


そこに属するメンバーが

大なり小なり挑戦し、

また、その勇気を認め、承認する環境


が無ければ、

そのコミュニティはマンネリ化・形骸化していく

と考えています。



このことは、

5年間、次世代リーダーの会を運営してきて、

確信に変わりました。



そして、また、

そのコミュニティにおいて

中心にいる主催者(=当会で言えば、私)自身が

挑戦できているかどうかが、


コミュニティの活性化に

多大な影響をもたらすとも

強く感じております。




ということで、

私も昨日、新たな挑戦をする旨を

宣言しましたので、


来年の次世代リーダーの会の中で

メンバーに報告できるよう、

頑張りたいと思います!




・・本日は、

次世代リーダーの会の運営を通して気付いた、

私なりのコミュニティ活性化のポイント

について書き記してみました。


***************************************


【本日のまとめ】

■ どんなコミュニティであれ、

  そこに属するメンバーが大なり小なり挑戦し、また、

  その勇気を認め、承認する環境(=切磋琢磨の関係)

  が無ければ、

  そのコミュニティはマンネリ化・形骸化していく。

■ コミュニティにおいて

  中心にいる主催者自身が挑戦できているかどうかが、
 
  コミュニティの活性化に

  多大な影響をもたらす。










posted by 安野 広明 at 21:18| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする