2017年12月26日

Vol.1863「経験”を成長”へつなげるための振り返り”」


経験をたくさん積めば成長できるか?


というと、

必ずしもそうとは限りません。



むしろ、人は、

少しでも上手く行った経験をすると、

その経験を絶対化してしまうところがあります。



そうやって、

自らの思い込みにとらわれ、

身動きがとれなくなり、


さらに上の気付きのレベルへと

成長するチャンスを逃してしまうのです。



例えば、


「自分は努力と根性だけで結果を出してきた!」


という人が、

その経験にとらわれ、

「努力と根性こそが万能」

だと思い込んでしまう・・


みたいな。




したがって、

経験を経験のままで終わらせる

のではなく、


その経験を振り返り、

そこから自分なりの「教訓」を見つけ出すことが、


次のステージへと進むためには不可欠

だと考えています。




実は、私(安野)がこうして

ブログを書き続けるのも、


自分の経験を振り返る時間を(強制的に)確保し、

そこから何がしかの「教訓」を導き出そう

と試みているからです。



セミナー案内を除いても、

これまでに1800日以上書き続け、

1800個以上の(自分なりの)「教訓」が積み上がっていますので、


ブログを書き始めた頃に比べれば、

少しずつではあれど着実に成長できている

という実感があります。



もしもこれが、

「経験の振り返り」をせずに、

すべてやりっ放しだったとすれば、


どこかで成長が止まり、

同じところをグルグル回っていたことでしょう。




また、

「振り返った経験」が増えると、


自分の中にブレない軸ができてくる、


という感覚もございます。



そうして、

軸がブレなくなると、


言っていることとやっていることに

一貫性が生まれ、

成長スピードも徐々に加速するはずです。




以上をまとめると、以下の通り。



@ 経験を振り返り、


A そこから教訓を導き出し、


B 自分の中にブレない軸を築き、


C 言動に一貫性をもたらす。




日常において、

この@〜Cの流れができれば、

過去の経験にとらわれることなく、


成長し続けることが可能となる


のではないでしょうか。



そのためにも、まずは、

面倒くさがらずに(=時間を天引きしてでも)、


「経験の振り返り」を習慣にされてみてはどうか?


と思った次第。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、少しでも上手く行った経験をすると、

  その経験を絶対化してしまうところがあり、

  それが成長の足枷となる。

■ 成長し続けるためには、

  「経験の振り返り」

  を習慣にしてみてはどうだろうか。









posted by 安野 広明 at 21:57| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする