2017年12月22日

Vol.1859「“現状肯定力”が、運を引き寄せる!?」


日本経済新聞の文化欄に、

「私の履歴書」というコラムがあります。



昭和31年から始まり、

実に60年以上に渡って連載している、

名物コラムです。



ここで登場する人物は、いずれも、

不幸や困難に遭遇しながらも克服し、

世の中から評価される仕事を成し遂げた人ばかり。



特に、

戦後の激動の時代を生き抜いてきた方が、

数多く登場します。




実は、当該コラムについて分析した本が

いくつかあって、


先日、読んだ中に、

こんなことが書かれていました。



ここから
 ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー

いろいろなジャンルの人たちが

「困難に直面した際、どのように考え、どのように対処し、

 克服されたのか」


−中略−


その各人の克服法を読んでいると、

そこには一定の共通した考えや行動があることに

気がつきました。



それは、

各人が置かれている環境の「現状肯定」でした。



長い闘病生活や職場の人間関係で窮地に陥ったとき、

現在自分が置かれている環境、

自分の実力などを総合的に冷静に判断し、

現状を肯定した上で、


この環境を打開するための積極的な行動を

取っていることでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーーー
 ↑
ここまで


(「人生を“私の履歴書”より学ぶ」(吉田勝昭著)より、引用)




つまり、

功成り名を遂げた人たちは、

それぞれ置かれている環境は異なれど、


その環境を否定し、不平・不満を漏らす

のではなく、

それはそれとして受け入れ、


現状を肯定する力をお持ちでいらっしゃった


ということ。



とても興味深いな〜

と感じます。



以前、ある方から、


「引き受け」ができるかどうかで、

「成長」できるかどうかが決まる


と教わったことがありますが、やはり、


受け入れる力(=現状肯定力)は、

一流の方々に共通する要素


なのですね。




また、昔読んだので

どの本だったか忘れましたが(汗)、

上記とは別の書籍の中に、


「私の履歴書」での登場回数が多い単語

ということで、


「偶然」「たまたま」「ひょんなことから」「おりにも」


などが紹介されていました。



すなわち、

多くの登場人物が、


いくつもの偶然の出会いや出来事

がきっかけとなり、道が拓けていった・・


と語っていらっしゃるのです。



ひとことで言ってしまえば、

「運が強い」

ということでしょうか。




この点、私(安野)は、


「現状肯定力」と、「運を引き寄せる力」(=運の強さ)とは、

連動するのではないだろうか?


と考えております。



現状を受け入れず、不平不満ばかり抱き、

打開するための行動を起こしていない人が、


偶然のチャンスを掴めるとは

とても思えませんし、


そういう人の下に、

良縁が巡って来るとは思えないからです。




・・どういう考え方や行動をとれば

道が拓けていくのかは、

人生の諸先輩方が教えて下さっています。



運を引き寄せる人生を送りたいなら、


「現状肯定」で、いまある環境を受け入れること


から始める必要があるのかな〜

なんて、


未熟者(=私)なりに考えさせられた次第。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 功成り名を遂げた人たちは、

  置かれている環境は異なれど、

  それはそれとして受け入れ、

  現状を肯定する力を持っている。

■ 「現状肯定力」と、「運を引き寄せる力」(=運の強さ)とは、

  連動するのではないだろうか。

■ 運を引き寄せる人生を送りたいならば、

  「現状肯定」から始める必要があることを、

  人生の諸先輩方から教わった。










posted by 安野 広明 at 22:59| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする