2017年12月18日

Vol.1855「1つのことに狂えば、答えは見つかる」


「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則氏(*)は、

数々の名言を残していらっしゃいます。


*過去のエントリをご参照下さい。
      ↓
Vol.530「“奇跡の会社!?”になるために」
http://bplan.seesaa.net/article/396205135.html



その中でも、

私(安野)の印象に残っているのは、


「1つのことに狂えば、いつか答えは見つかる。

 周りの見る目が変わる。」


という言葉。



リンゴの無農薬栽培に挑戦したものの、

成功するまでの間(=約10年)、

周囲からバカにされ、変人扱いされ続けた木村氏の言葉には、

重みがあります。



人それぞれ価値観は異なる

のでしょうが、

少なくとも私は、木村氏のように、


狂うほど何かに没頭し、夢中になり、情熱を傾ける


という生き方は、

素敵だな〜と感じます。




そして、この言葉と共に、

いつも思い浮かべるのは、


熱誠講演7000回以上の田中真澄先生(*)や、


20年以上トイレ掃除やタニサケ塾を継続されている

タニサケの松岡浩会長(*)です。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1756「価値を決めるのは、何を言っているかではなく、何を実践しているか」
http://bplan.seesaa.net/article/453370541.html


Vol.1817「おまけ”効果でご縁を広げる」
http://bplan.seesaa.net/article/454797101.html



お二方のお姿は、


1つの道を極めていくと

いくつになっても周囲から必要とされる存在になる


ことを、

教えて下さいます。




また、上記の木村氏の言葉は、

逆に言えば、


「何事も、中途半端だと、いつまで経っても中途半端(=答えは見つからない)」


という意味にも解釈できます。



恥ずかしながら、私は、

まだまだ中途半端でございますので(汗)、


諸先輩方を見習いつつ、

これからも経営者として、


一点集中で、仕事に情熱を傾けて行こう


と思った次第。




本日は、備忘録を兼ねて・・


******************************************


【本日のまとめ】

■ 1つのことに狂えば、いつか答えは見つかる。

  周りの見る目が変わる。

■ 逆に言えば、

  何事も、中途半端だと、

  いつまで経っても中途半端(=答えは見つからない)。










posted by 安野 広明 at 23:54| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする