2017年12月15日

Vol.1852「もう、モチベーションには頼らない?フォーカスすべきは“行動”です!」


「モチベーションを高めれば、

 仕事の成果が上がる!」



それはそれで

正しいと思いますし、


私(安野)自身、そういう類の話しは

嫌いではありません。



ただし、

モチベーションだけだと、どうしても

「継続性」の面で支障をきたします。



人間、誰しも、

気分が乗ってモチベーションが高まる時

もあれば、

それとは逆に、

何もやる気が起きない時

もあるもの。



なので、

モチベーションに頼り過ぎると、


やる気のある・無しによって

行動に波が生じ、


とりわけ、新しい(行動の)習慣化

が難しくなるのです。




そこで必要なのが、


とにかく「行動」だけにフォーカスする


という発想。



身に付けたい習慣

が見つかったら、


自分のモチベーションが高かろうが低かろうが、


周りの人が何と言おうが、


日々の「行動」自体を止めないことです。




例えば、このブログも、

内容はともかくとして(汗)、

5年以上書き続けて来れたのは、決して


いつも私のモチベーションが高いから


ではありません。



正直、初期の頃は、


「しんどいな〜」「書く気がしないな〜」「やめちゃおうかな〜」


と悩むことはしょっちゅうでした。



しかし、


ただただ(一行でもいいから)毎日「書く」


という「行動」にフォーカスし、

それを続けた結果、


一定の期間が経ってみると、

自分の中で習慣化できていた

という感じです。



いまとなっては、

感情に流されず、


淡々と書き続けてきて良かったな〜


と思っています。




・・モチベーションは、

栄養ドリンクのようなもの。



短期決戦にはむいていますが、

長い人生をモチベーションだけで乗り切るのは

到底無理な話しでしょう。



もしも

仕事で成果を出し続けるため、

もしくは

日常生活を充実させるために、

新しい習慣を身に付けたいならば、


一にも二にも

「行動」にフォーカスしてみてはいかがでしょうか。


******************************************


【本日のまとめ】

■ モチベーションに頼り過ぎると、

  やる気のある・無しによって行動に波が生じ、

  新しい(行動の)習慣化が難しくなる。

■ 自分のモチベーションが高かろうが低かろうが、

  周りの人が何と言おうが、

  とにかく「行動」だけにフォーカスし、

  日々の「行動」自体を止めないことが大事。










posted by 安野 広明 at 22:33| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする