2017年12月12日

Vol.1849「目標達成できる人とできない人の差は、目標設定時のマインドセットにあった!?」


自分で決めた目標を

達成できる人はし続けるし、

できない人はいつまでも達成しない。



自分でやると言ったことを

行動に移す人は移すし、

移さない人はいつまでも行動しない。



このような傾向は、

顕著に現れるものです。




では、何が差を生み出すのか?



その要因は色々と考えられますが、

最終的には、


目標設定時のマインドセット


に行き着くのではないでしょうか。



つまり、

自分で決めた目標(または行動)を達成するのが、


「あたりまえ」と思っているのか、

「できるかぎり」になっているのか、


その差です。



ここで、

達成するのが「あたりまえ」になっている状態とは、

例えば、


「お風呂に入って歯を磨いて寝る」


のと同じくらいの感覚で、


やるのがごく普通になっている


ということ。



どんなに仕事が遅くなっても、

余程のことが無い限り、


「お風呂に入って歯を磨いて寝る」


を省略することはありませんよね。




そのレベルで

目標が設定できている人は、必然的に

「逆算思考」が働きます。



「〇〇時までに寝るには、いまのうちにお風呂に入らないと・・」

とか

「明日〇〇時に起きるには、いまのうちに寝ないと・・」


みたいな感覚で、


「目標を達成するには、いまのうちに〇〇をしておかないと・・」


という思考が常に作動し、

目標について考える回数も増えるはずです。




一方、

目標設定の段階で、

「できるかぎり」のマインドになっている人には、

「逆算思考」が働きません。



どちらかというと成り行き任せで、

とりあえず

いままで通りのことをやっていって、


目標を達成できたら(行動できたら)いいな〜


という感覚なので、


結局、時間切れとなり、目標達成できず・・


を繰り返します。



当然、

自分が立てた目標について考える回数も

少なくなるでしょう。



どちらの人が成果を上げやすいかは、

一目瞭然です。




もしも

目標は立てるけれども

いつも達成できず、

堂々巡りをしてしまう・・


という人は、


「自分はどこまで目標をあたりまえ化できているだろうか?」

とか

「自分はその目標に対して、どれだけ真剣に考えているだろうか?」


といった

そもそものマインドセットについて、

見直してみてもよいかもしれません。





・・自戒を込めて(汗)


****************************************


【本日のまとめ】

■ 自分で決めた目標(または行動)を達成するのが、

  「あたりまえ」と思っているのか、

  「できるかぎり」になっているのか、

  その差は大きい。

■ 目標が「あたりまえ化」している人は、

  必然的に、「逆算思考」が働く。

■ 「自分はどこまで目標をあたりまえ化できているだろうか?」

  といった、そもそものマインドセットについて、

  見直してみてもよいかもしれない。









posted by 安野 広明 at 22:25| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする