2017年12月11日

Vol.1848「その判断には、“挑戦”が伴っているか?」


「解釈」の重要性を表した、

有名なエピソードがあります。



ここから
 ↓
--------------------------------------------------------------

靴のセールスマンが2人、南洋の孤島を訪れた。

島の人たちを見ると、皆が裸足である。



そこでひとりのセールスマンは、本社に次のような手紙を出した。


「えらいところへ来ました。我々にはまったく用のないところです。

 誰も靴をはいていないんですから」



ところが、もうひとりのセールスマンは、興奮しながら、

本社にこんな電報を打ったという。


「すばらしいところです。まだ誰も靴をはいていませんから、

 いくらでも靴が売れます」

-----------------------------------------------------------
 ↑
ここまで


*『ビジネス寓話50選』(博報堂ブランドデザイン著)より引用



このエピソードでは、


「誰も靴をはいていない」


という事実は同じでも、


「だから靴が売れない」

と判断するのか、


「だから靴が売れる」

と判断するのかが、


「解釈」の違いとして表われています。



どちらのセールスマンがチャンスを掴めるか、

何となく想像がつきますよね。




そして、このことは、

自身の業界が直面している問題

に置き換えても同様でしょう。



例えば、

当社の属する会計業界では、

ITやAI(人工知能)の進化によって、


10年後には90%以上の確率でいまの仕事が無くなり、

会計事務所の数は10分の1まで減る


と言われています。



もちろん、これは

あくまで予測であって、

確定した事実ではありません。



しかし、まっとうな会計人であれば、

このままではマズイ・・

という実感や危機感を抱いているはずです。



このように、業界が

先行き不透明な状態に陥った時、


「だったら早いとこ、この業界(業務)には見切りをつけよう」


と判断するのか、


「だからこそ、

 人工知能に代替されない価値を生み出すべく努力しよう」


と判断するのかは、まさに

その人(=経営者もしくは従業員)の「解釈」次第。



おそらく、どちらが正解

というものでもないでしょう。



ただ、個人的には、

どちらの方がチャンスを掴める可能性が高いか?


といえば、やはり、

後者ではないかと考えています。



なぜならば、

前者の判断は、

誰にでも容易に思いつきますし、


その判断の先に、新たなチャレンジがあるのならまだしも、

「挑戦」の無い、単なる諦めは、

人の可能性を狭めるだけだからです。




・・上記のような、

重要な判断につながる「解釈」

のみならず、


人は、日常において、

数え切れない回数の「解釈」を

無意識のうちに繰り返しています。



ということは、

日々の「解釈」の積み重ねの中で、

いつの間にか

自らの可能性を狭めてしまっている・・

なんてこともあり得るでしょう。



ですので、もしも

いまより可能性を伸ばしたい、成長したい

のならば、


「その判断には、挑戦”が伴っているか?」


を、


「解釈」が間違ってないかどうかの一つの基準


としてみてはいかがでしょうか。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「挑戦」の無い、単なる諦めは、

  人の可能性を狭めるだけである。

■ 無意識のうちに繰り返している

  日々の「解釈」の中で、

  自らの可能性を狭めてしまわぬように、

  「その判断には、挑戦が伴っているか?」

  を、一つの基準としてみてはどうだろうか。










posted by 安野 広明 at 22:41| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする