2017年12月09日

Vol.1846「人の心の弱さや依存の怖さは、笑うセールスマン”から学んだ」


昔、TVで、

『笑うセールスマン』

というアニメがありました。



藤子不二雄氏の漫画を

アニメ化したもので、

インパクトの強いセールスマン喪黒福造の顔を

ご記憶の方も多いでしょう。



アニメは短編仕立てになっていて、

基本的なパターンは、ほとんど同じ。




まず、

日常生活や仕事に不満を抱いていたり、

煮え切らずに鬱屈している人が登場し、


そこに突如、

笑うセールスマンがやってきます。



そして、例えば、

お金だとか容姿だとか、


「願望を叶えてあげる代わりに、

 約束を破ったり忠告を聞き入れなければ代償を払わせる」


という誘惑を持ち込むのです。



日常に刺激を求めていた登場人物は、

まんまとその誘惑に乗り、快感を覚え、


そのうち慣れてくると、

のめり込み、快楽に溺れ、約束をも破り、


気付いた時には

後戻りできない破滅状態に・・



そこに、再び

笑うセールスマンが現れ、


不気味な笑顔で

オーホッホッホッホと嘲笑う・・


というのが基本的なパターン。




人間の本質である

心の弱さや愚かさ、依存の怖さなどを

分かりやすく表現したアニメとして、

当時、人気を博しました。



私(安野)も子供ながらに、

大人の世界の闇の部分(!?)を垣間見れた

と同時に、


目先の快楽ばかり追い求めていると、

いつかは悲劇的な結末を迎えるんだな〜


ということを、

強烈に印象付けられたのを憶えています。




そして、いま、

自分が社会人になって思うのは、

笑うセールスマンほど極端ではないにしても(汗)、


人間の心の弱さや依存心は、

特に仕事の場面において現れるな〜


ということ。



最初はちょっとした出来心や

ほんの少しの手抜きだったとしても、

そのうち慣れ、それが常態化すると、


以前はできたことができなくなったり、

周囲との温度差が生まれたり


するのです。



そして、たいていの場合は、

本人はそのことに気が付きません。



ですので、放置しておけば、

状況が悪化することはあれど、

改善されることはないでしょう。



だからこそ、

昨日のエントリ(*)にも

書かせていただいたように、


「1人だけではなく、複数人で共有する」


ための仕組みを、

社内に取り入れなければならない

と考えています。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1845「新たな発見や気付きを増やすためのキーワードは、“共有化”」
http://bplan.seesaa.net/archives/20171208-1.html




笑うセールスマンではありませんが、

人間の心の弱さは、悲劇の元。



仕事に向き合う姿勢や態度を

見直せるよう、意図的に、

気付きの機会を増やしたいものです。




本日は、自戒を込めて・・


********************************************


【本日のまとめ】

■ 目先の快楽ばかり追い求めていると、

  いつかは悲劇的な結末を迎える・・

  ということを、『笑うセールスマン』から学んだ(笑)。

■ 人間の心の弱さや依存心は、

  特に仕事の場面において現れる。

■ 仕事に向き合う姿勢や態度を見直せるよう、

  意図的に、気付きの機会を増やしたいもの。









posted by 安野 広明 at 21:34| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする