2017年12月08日

Vol.1845「新たな発見や気付きを増やすためのキーワードは、“共有化”」


当社では、5年以上前から、

「社内木鶏会」(=『月刊致知』を用いた社内研修会)を

毎月開催しております。



予め、『月刊致知』の中の

指定された記事を読み、

感想文を各自に発表していただくのですが、

毎回、感じるのは、


「同じ記事でも、読み手によって、

 着眼点や気付くところが異なる」


ということ。



それぞれの感想には、

その人のお人柄や性格や解釈力が現れる

のでしょう。




また、同時に、


「どれだけ頑張っても、1人だけでは

 物事を一面からしか捉えられないな〜」


とも思います(もちろん、私も含め)。



「群盲、象を評す」(*)


という諺がありますが、

まさにそんな感じかもしれません。



*数人の盲人が象の一部だけを触って、

 足を触った人は「柱のようだ」と答え、

 尾を触った人は「綱のようだ」と答え、

 耳を触った人は「扇のようだ」と答えて感想を語り合う

 というインド発祥の寓話。




だからこそ、大事なのは、


複数の人間で情報を共有し、

それぞれの視点から意見すること


です。



ちなみに、当社では、

「月次決算道場」という取組み(=社内研修)を

先月からスタートし、


これまで属人的になっていた業務内容を

他のメンバーにも共有するよう努めているのですが、


実際にやってみると、

同じ対象(=資料等)を見ていても、

見る人によって気付きや発見が異なる

のがよく分かりますし、


「共有化」することで

圧倒的に気付きの量が増えるのを

実感しています。




もしも、


「最近、社内の雰囲気がマンネリ化している・・」


と感じた際には、


「共有化」によって多角的な視点を取り入れ、

新しい発見や気付きにつなげてみるのも

よいかもしれませんね。




そんなことを考えました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「群盲、象を評す」という諺にあるように、

  どれだけ頑張っても、1人だけでは

  物事を一面からしか捉えられないもの。

■ 社内での「共有化」によって、

  多角的な視点を取り入れ、

  新しい発見や気付きにつなげてみては

  どうだろうか。











posted by 安野 広明 at 22:12| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする