2017年12月06日

Vol.1843「ビジョン”を明確にすることのメリットとは?」


会社を経営する上で、


「経営理念」や「ビジョン」が必要であること自体は、


多くの経営者が認識していらっしゃる

はずです。



しかしながら、

「経営理念」や「ビジョン」の定義は何か?


と問われると、案外、

答えられなかったりします。



なぜならば、

いずれも抽象的でぼんやりとした概念

であることに加え、


絶対的な定義が存在しない


からです。



したがって、まずは、


自社における「経営理念」や「ビジョン」の定義付け


を行う必要がある

と考えています。



(ちなみに、当社における定義は、

 「経営理念」=「経営者の志」

 「ビジョン」=「会社の夢、ありたい姿」

  です)



そうすることで、


経営者にとって

しっくりとくる、納得のいく定義付け

ができれば、


社内にも伝わりやすく、浸透していく

のではないでしょうか。




そして、その上で、


「経営理念」や「ビジョン」を明確にする意義は何か?


というと、

最も大きなメリットは、


会社の「将来の姿」と「現状」とのギャップが明確になること


だと思っています。



「理想」と「現実」との差を認識できる


と言い換えてもよいかもしれません。




当たり前ですが、


「どこを目指したいのか?」


というビジョン(=理想の姿)が見えていなければ、


そこにたどり着くために、いま、何をすべきか?


といった手段に思いが至らず、


結果的に、


「現状維持」にとどまってしまう


可能性があります。



それを回避するためにも、


ビジョンの明確化が効果的


なのです。




もちろん、それ以外にも、


「経営理念」や「ビジョン」を明確にするメリットは

たくさんありますが、


本日は、その中でも、

私(安野)が最大のメリットと思っているものを

書き記してみた次第。




何かのご参考までに・・


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「経営理念」や「ビジョン」を社内に浸透させるためにも、

  まずは、自社における定義付け

  を行う必要がある。

■ 「経営理念」や「ビジョン」を明確にする

  最大のメリットは、

  会社の「将来の姿」と「現状」とのギャップを認識でき、

  「いま、何をすべきか」が分かること。










posted by 安野 広明 at 23:57| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする