2017年12月22日

Vol.1859「“現状肯定力”が、運を引き寄せる!?」


日本経済新聞の文化欄に、

「私の履歴書」というコラムがあります。



昭和31年から始まり、

実に60年以上に渡って連載している、

名物コラムです。



ここで登場する人物は、いずれも、

不幸や困難に遭遇しながらも克服し、

世の中から評価される仕事を成し遂げた人ばかり。



特に、

戦後の激動の時代を生き抜いてきた方が、

数多く登場します。




実は、当該コラムについて分析した本が

いくつかあって、


先日、読んだ中に、

こんなことが書かれていました。



ここから
 ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー

いろいろなジャンルの人たちが

「困難に直面した際、どのように考え、どのように対処し、

 克服されたのか」


−中略−


その各人の克服法を読んでいると、

そこには一定の共通した考えや行動があることに

気がつきました。



それは、

各人が置かれている環境の「現状肯定」でした。



長い闘病生活や職場の人間関係で窮地に陥ったとき、

現在自分が置かれている環境、

自分の実力などを総合的に冷静に判断し、

現状を肯定した上で、


この環境を打開するための積極的な行動を

取っていることでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーーー
 ↑
ここまで


(「人生を“私の履歴書”より学ぶ」(吉田勝昭著)より、引用)




つまり、

功成り名を遂げた人たちは、

それぞれ置かれている環境は異なれど、


その環境を否定し、不平・不満を漏らす

のではなく、

それはそれとして受け入れ、


現状を肯定する力をお持ちでいらっしゃった


ということ。



とても興味深いな〜

と感じます。



以前、ある方から、


「引き受け」ができるかどうかで、

「成長」できるかどうかが決まる


と教わったことがありますが、やはり、


受け入れる力(=現状肯定力)は、

一流の方々に共通する要素


なのですね。




また、昔読んだので

どの本だったか忘れましたが(汗)、

上記とは別の書籍の中に、


「私の履歴書」での登場回数が多い単語

ということで、


「偶然」「たまたま」「ひょんなことから」「おりにも」


などが紹介されていました。



すなわち、

多くの登場人物が、


いくつもの偶然の出会いや出来事

がきっかけとなり、道が拓けていった・・


と語っていらっしゃるのです。



ひとことで言ってしまえば、

「運が強い」

ということでしょうか。




この点、私(安野)は、


「現状肯定力」と、「運を引き寄せる力」(=運の強さ)とは、

連動するのではないだろうか?


と考えております。



現状を受け入れず、不平不満ばかり抱き、

打開するための行動を起こしていない人が、


偶然のチャンスを掴めるとは

とても思えませんし、


そういう人の下に、

良縁が巡って来るとは思えないからです。




・・どういう考え方や行動をとれば

道が拓けていくのかは、

人生の諸先輩方が教えて下さっています。



運を引き寄せる人生を送りたいなら、


「現状肯定」で、いまある環境を受け入れること


から始める必要があるのかな〜

なんて、


未熟者(=私)なりに考えさせられた次第。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 功成り名を遂げた人たちは、

  置かれている環境は異なれど、

  それはそれとして受け入れ、

  現状を肯定する力を持っている。

■ 「現状肯定力」と、「運を引き寄せる力」(=運の強さ)とは、

  連動するのではないだろうか。

■ 運を引き寄せる人生を送りたいならば、

  「現状肯定」から始める必要があることを、

  人生の諸先輩方から教わった。










posted by 安野 広明 at 22:59| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

Vol.1858「“やり切る社風”を生み出すために」


先日、

致知出版社主催の「徳望塾」

に参加して来ました。



今回のゲスト講師は、


かつて38億円の赤字に陥っていた無印良品ブランドを、

再生不可能と言われながら、

経営トップとして業務の仕組化をはじめとする

数々の改革を断行し、社風を変え、

V字回復へと導いた、


良品計画前会長の松井忠三氏。



静かな語り口調の中に

揺るぎない信念を感じる、

そんなご講義でした。




詳細は割愛しますが、

松井氏の経営姿勢についてのお話しの中で、


「計画は5%、実行は95%」


とおっしゃっていたのが、

印象に残りました。



実行されない会議が

意味を為さないのと同様、


いくら立派な計画を立てても、

それを実行に移し、かつ、最後までやり切らなければ

意味が無い。



とにかく


「やるべきことを、やり切ることが最も大事だ」


とのことです。




そして、


「やるべきことは、

 継続しなければ社風にならない」


とも。



確かに、

いったんできたことも、

気を抜けば、またすぐ元のレベルに戻りますので、


「やり切る」を社風として定着させるためには、

「継続」にこだわる必要がある


のでしょうね。




以上をまとめると、


良品計画のように成果の上がる社風

を生み出すためには、


「やるべきことを、やり切る。そしてそれを、継続する。」


ということ。



書いてしまえば、

ごく当たり前なのですが、


多くの中小企業が苦手とすること

でもあります。



かくいう当社も、

これまではなあなあなところが

多々ございました(汗)。



しかし、

やはりこのままでは、


同じところを行ったり来たりで、

いつまでも組織としての殻を破れないな〜

と、痛感しております・・。




これから先の将来を見据え、

会社のためにも、そこで働く社員さんのためにも、


「やり切る社風」を生み出す仕組み


を真剣に考えたいものです。


******************************************


【本日のまとめ】

■ いくら立派な計画を立てても、

  それを実行に移し、かつ、最後までやり切らなければ意味が無い。

■ 「やり切る」を社風として定着させるためには、

  「継続」にこだわる必要がある。

■ 「やり切る社風」を生み出す仕組み

  を真剣に考えたいもの。










posted by 安野 広明 at 22:50| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

Vol.1857「アイデアは、人に喋ることで実現に近づく」


何か新しい企画やアイデアを思い付いた時、

ざっくりとしたイメージの段階で、


「こんなことやろうと考えてるんですよね〜」


と、他人に喋るようにすれば、


アイデアが実現しやすくなる

と思います。



なぜならば、仮に

相手は気にしてなかったとしても、


自分の中で


「あの人に話したからには形にしなければ・・」


という、ほどよいプレッシャーがかかり、

自分の行動が促されますし、


人に喋ったり、相手から質問されたり

する過程で、


イメージが鮮明になっていく

からです。




これとは逆に、

慎重な方に多いのが、


「まずは内容をしっかりと固めてから他人に喋ろう」


というスタンス。



おそらく、そのスタンスだと、

自分1人で悶々と考え、

やがてどこかで行き詰まった際、


「(どうせ誰にも言ってないし、)無かったことにしてしまおう」


となるか、もしくは、


先送り癖によって、

いつまで経っても前に進まない・・


なんてことになりがち。



私(安野)自身、

何度も経験済みですので、

よく分かります(汗)




せっかくの企画やアイデアを

形にしないのは、もったいない。



もちろん、最終的に、

不採用と判断せざるを得ない企画・アイデア

もあるとは思いますが、


それでも、まずは、

人に話してみることで、

実現の可能性は広がるはずです。




新しい企画やアイデアが思い付いたら、

1人で悩む前に、

人に喋ってみることを

おすすめします。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 新しい企画やアイデアが思い付いたら、

  ざっくりとしたイメージの段階であっても、

  人に喋ることで実現しやすくなる。









posted by 安野 広明 at 21:32| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする