2017年10月23日

Vol.1799「失敗を“言語化”しておかないのは、もったいない」


それが表に出る・出ないにかかわらず、


上手く行かないこと、

やらかしてしまうこと、

失敗することは、

誰にでもあります。



そんな時に、大切なのは、

失敗した自分を否定することではなく、


同じ失敗を2度も3度も繰り返さないように

工夫・改善することでしょう。



そして、そのためにも、


毎回、失敗の振り返りを行った方がよい


と考えています。




その際のポイントは、

言葉に残しておくこと。



失敗から目を背けるのではなく、

そうなった事実や原因を客観的に捉え、解釈し、

言語化するのです。



そうやって言葉に残し、

忘れないようにしておけば、

いつかはその失敗が(成功するための)ネタになるはず。



まさに

転んでもただでは起きない、

もったいない精神(!?)

です(笑)。



実は、私(安野)が、

当ブログの最後に、よく


「自戒を込めて・・」


と書くのは、たいてい、


自分自身がやらかしたことをネタにしているから


だったりします。



まあ、それだけ、

失敗の数が多い

という意味ですが・・(汗)





「失敗を避ける」


のではなく、


「失敗したらその分、将来のネタが増える」


くらいに捉え、失敗を、


自身の成長の糧や、新しいことに挑戦するためのエネルギー


として活用したいもの。



そのためにも、


忘れないように言語化しておくことが不可欠


だと考えています。


********************************************


【本日のまとめ】

■ 失敗したことを言葉に残し、

  忘れないようにしておけば、

  いつかはその失敗が、

  成功するためのネタになるはず。

■ 失敗を、

  自身の成長の糧や、新しいことに挑戦するためのエネルギー

  として活用したいもの。










posted by 安野 広明 at 22:19| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする