2017年10月16日

Vol.1792「“安心・安全・ポジティブな場”をつくり出すために」


以前、私(安野)が師事している

コンサルタントの和仁達也先生から、


全体会議やミーティングで

成果を出すためのキーワードは、


安心・安全・ポジティブな場づくりである


と教わりました。



<おすすめ本>

『年間報酬3000万円超えが10年続く コンサルタントの経営数字の教科書』(和仁達也 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272872/


『お金の流れが一目でわかる! 超★ドンブリ経営のすすめ』(和仁達也 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478026122/


『世界一受けたいお金の授業』(和仁達也 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4837982344/



これとは逆に、

成果が出づらい会議とは、


不安・危険・ネガティブな場


だそうです(汗)。



確かに、

何を言っても批判・否定される、

もしくは

吊し上げられる(!?)ような空気感のある会議では、


誰も発言したくないし、萎縮するし、

黙って下を向くのではないでしょうか。



そんな会議では、

そこから何かアイデアやヒントが生まれることは

ありませんし、


やるだけ時間の無駄

ですよね。




では、

安心・安全・ポジティブ(=略してAAP)な場、


つまり、

何を言っても聞いてもらえる、

受け止めてもらえる空気感

をつくり出すための本質は何かと言うと、それは、


「聞く人の姿勢」


です。



とりわけ

トップや幹部の聞く姿勢は、

その場の雰囲気に

大きな影響を与えることになります。



そして、そのためにも、


▼ 言葉・・肯定、承認、元気を与える、褒める

▼ 表情・・笑顔

▼ 態度・・背筋を伸ばす、身なりをきちんとする

▼ 行動・・有言実行


の4つがポイントになるのだとか。




正直、私もまだまだできておらず、

反省ばかりですが、


どうせ同じ時間を使うのであれば、

メンバー全員が上記のようなことを意識し、


安心・安全・ポジティブで成果の上がる場を

つくり出したいもの。




本日は備忘録を兼ねて、

書き記しました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 全体会議やミーティングで

  成果を出すためのキーワードは、

  安心・安全・ポジティブな場づくり。

■ そして、そのような場をつくり出すための本質は、

  「聞く人の姿勢」である。










posted by 安野 広明 at 22:01| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする