2017年10月13日

Vol.1789「相手の反応”なしに、言語化スキルは磨けない」


私(安野)は、

数多くのスキルの中で、


「言語化スキル(=言葉による意味付けの能力)」


を磨くことは、

非常に波及効果が高いと考えています。



このスキルさえあれば、

言葉によって

自分の世界観を紡ぎ出すことができますし、


日々起こるあらゆる事象の解釈を

自由自在に書き換え、

自らのマインドをコントロールできるからです。



反対に、もしもこのスキルが無ければ、

他人の言葉やメディアから流れてくる情報に

振り回されるかもしれませんし、


いまの自分にとって不都合な事象が起きた時、

それをマイナスにしか解釈できず、

自分以外の誰かのせいにする

他責思考に陥ってしまう

かもしれません。



したがって、

言語化スキル磨きは、

自分の人生を生きていく上で、


かなり優先順位の高い項目


と、私の中で位置付けています。




そして

このスキルを磨くために意識すべきは、

当ブログで何度も書かせていただいているように、


アウトプットの量を増やすこと


でしょう。



アウトプットの方法としては、

ブログや日記など様々な手段がありますが、


やはり最も効果的なのは、


人前で話す(=アウトプットする)こと


だと考えています。



なぜならば、

自分が言語化したことに対する「相手の反応」が

直に分かるから。



ブログや日記などの

自己満足的なアウトプットでは

スキル磨きに限界があり、

そこからさらにレベルを上げるには、


「相手の反応」を見ながらのブラッシュアップ


が不可欠になると思うのです。


(他者の反応を得るという意味では、

 フェイスブックやツイッター等への投稿

 という手段もありますが、

 画面上だと、どうしても話し手の体温が伝わりづらいため、

 ここでは省略しています)




相手の反応を見ながら、

相手に伝わる、さらに言えば、

相手の心を揺さぶれるくらいまで

言語化スキルを磨けば、


言葉によって、自分のみならず、

他者にも影響力を発揮できるはず。



私はまだまだですが、

言語化スキルがそのレベルに達すれば、

いままでとは世界の見え方が違ってくる

のでしょうね。



まさに


「言葉を制する者は、世界を制する」


というやつです。




そして、そのために、

何か特別なことをする必要はなくて、


例えば、職場において、

部下や同僚に対し、またはお客様に対して、

いつも通り何となく話すのではなく、


どうすれば相手に伝わるのか?


を強く意識しながら話し、

その都度、「相手の反応」を注意深く観察するだけでも、

言語化スキルを磨くことはできる

のではないでしょうか。




アウトプットの量を増やす

と同時に、

「相手の反応」を意識すれば、


言語化スキルは格段にレベルアップする


と信じております。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「言語化スキル(=言葉による意味付けの能力)」

  を磨くことは、非常に波及効果が高い。

■ 言語化スキルに磨きをかけるには、

  「相手の反応」を見ながらのブラッシュアップ

  が不可欠である。

■ アウトプットの量を増やすと同時に、

  「相手の反応」を意識すれば、

  言語化スキルは格段にレベルアップするはず。










posted by 安野 広明 at 23:25| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする