2017年10月07日

Vol.1783「ビジョンの明確化”が、一枚岩の会社”への第一歩」


経営者が、

これまでうやむやになっていた

会社のビジョンや方向性や価値観を明確にした途端、


その考えについて行けなくなった社員が

会社を辞めてしまう・・


なんてことは、

よくある話しです。



実際、当社のお客様でも

過去にそんなことがございました。



その点だけとらまえると、


「この人手不足の時代に、

 社員に辞められたら困るし、

 業務が回らなくなってしまう(汗)。


 やっぱり、方向性を打ち出すのは

 やめとこうかな・・」


と、ビジョンの明確化を

思いとどまってしまいそうですよね。




確かに、現場に精通した

ベテラン社員に辞められてしまうと、

大幅な戦力ダウンとなるでしょう。



しかし、私(安野)は、

そういったリスクを加味しても、

長期的な視点から、


会社のビジョンや方向性は明確にするべき


だと考えています。



そもそも、

ビジョンの明確化によって

会社を去ってしまうということは、


会社にいた時にも

自己本位な仕事ぶりで

社内の調和を乱していた

のかもしれません。



そして

全体の方向性を明確にしたことで、

その人の居場所がなくなり、

居心地が悪くなるのだと思います。




仮に、そういう人が辞めたとすれば、

一時的に社内に負荷はかかりますが、

その苦しい時期を全員で乗り切ることによって、


社内メンバーの結束は強まり、

ビジョンや価値観が浸透するはずです。



また、1人なら1人分、

社員数の枠が空くことになるため、

将来、新たな人を採用する際には、


面接の段階から

会社のビジョンや方向性や価値観について

十分に説明することで、


そこに共感・共鳴した人だけが

入社してくれるはず(!?)。




そうやってビジョンを明確化し、

価値観を共有できる人だけ集まれば、


時代の変化にも柔軟に対応できる、

「一枚岩の会社」になれる

と信じております。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 会社のビジョンや方向性や価値観を明確にした途端、

  その考えについて行けなくなった社員が会社を辞めてしまう・・

  なんてことはよくある話し。

■ そういったリスクを加味しても、

  長期的な視点から、

  会社のビジョンや方向性は明確にするべきである。

■ ビジョンを明確化し、価値観を共有できる人だけ集まれば、

  時代の変化にも柔軟に対応できる、

  「一枚岩の会社」になれるはず。










posted by 安野 広明 at 22:09| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする