2017年10月05日

Vol.1781「指摘し合える風土が、組織を成長させる」


どんな会社にも、

それぞれに「会社基準」(=独自の決めごと、社内ルール)

というものがあり、


そこに所属している以上は、本来、

「会社基準」に従って行動してもらわなければ

組織として成り立ちません。



一方で、

メンバー個々人に目を向けると、

それぞれが「自分基準」(=自分なりのやり方、判断基準)

というものを持っていて、

そこには各自の価値観や既成概念が

反映されています。



そして、一般的には、

「自分基準」に比べ、「会社基準」の方が

水準(または視点)が高くなるはず。



一個人では難しいこと(目的)を、

組織という形で成し遂げようとするのが会社の本質

と解釈すれば、

求める基準が高くなるのは当然ですよね。



したがって、個人が

「自分基準」ではなく「会社基準」に合わせよう

と思えば、


それなりに意識しなければ難しい


でしょう。



逆に考えると、

無意識でいれば、いつの間にか

「自分基準」で行動してしまうもの。



まあ、実際には、

どんな組織でも

上記のようなこと(=「会社基準」を無視した「自分基準」での行動)

が起こり得る訳ですが、

大事なのは、


その時、周りの人がどう対処するのか?


ということです。



もしも

「自分基準」が社内で放置・黙認された

とすれば、

その人は、きっと、


「何も言われないから、いいや」


と、以後、

「自分基準」での行動に終始してしまうかもしれません。



そうやって

1人1人が「自分基準」で動けば、

やがて「会社基準」は形骸化し、

会社の目的達成は困難となります。



ですので、本来、


「あの人、自分基準になってるな〜」


と気付いた時には、その都度、


周りの人が指摘する必要がある


と思います。



それは、

上司(先輩)から部下(後輩)への指摘

に限らず、

同僚間、場合によっては、

後輩が先輩に(!)というのもありでしょう。



あくまで、

「叱る」のではなく、「指摘」ですので。




組織内において、

「遠慮」や「無関心」ではなく、


「自分基準」になっていることを気付かせる

ために指摘し合う。



そういった風土をつくり出せれば、

組織は確実に成長する

と考えています。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「会社基準」を無視した「自分基準」での行動

  があった時に、大事なのは、

  その時、周りの人がどう対処するのか?

■ 組織内において、「遠慮」や「無関心」ではなく、

  「自分基準」になっていることを気付かせるために指摘し合う

  ような風土をつくり出せれば、

  組織は確実に成長するはず。









posted by 安野 広明 at 21:40| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする