2017年08月12日

Vol.1727「マイナスループから抜け出すべく、まずは小さな行動を!」


昨日は、


「心の起動」の早さが仕事の成果にもつながる


という内容を書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1726「“心の起動”を早めるという発想」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170811-1.html



今日はその続きです。




私(安野)の経験上、

人は基本的に、同じパターンを繰り返します。



例えば、仕事を


前倒しでやる人は、コンスタントに前倒しするし、

ギリギリでやる人は、コンスタントにギリギリだし、

先延ばしにする人は、コンスタントに(?)先延ばしにする


のです。



そして、

「ギリギリ」や「先延ばし」といった

マイナスのループ(循環)にハマっている人は、


そのままでよいかというと、

そんなことはありません。



「心の起動」を早め、

「前倒し」で仕事に取りかかり、

ミスや漏れをなくし、できることを増やし、

お客様に喜ばれた方が、

間違いなく仕事は楽しいはず

だからです。



したがって、

いつも「ギリギリ」もしくは「先延ばし」傾向

にある人は、


小さくてもよいので行動を変える、


これしかないと思います。



そうすることで、少しずつ、

「前倒し」のスピード感に慣れる

のです。



自動車でもそうですが、

免許取立ての頃は、

公道を制限速度で走るのが精一杯

だった人も、


徐々にスピードに慣れてくると、

やがてスピードを出すのが楽しくなってくるもの

ですよね。



そんな感じで、

一度、「前倒し」のスピード感に慣れてしまえば、

苦ではなくなるはず。



まあ、車の場合は

スピード出し過ぎはダメですが(汗)、

仕事の習慣という意味では、

そういう感覚に慣れることが大事

ではないでしょうか。




ほんの少しの行動の変化が、

長い目で見れば、

仕事の成果、ひいては、

その人の人生をも変え得るのです。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 人は基本的に、同じパターンを繰り返す。

  マイナスのループ(循環)にハマっている人は、

  同じことを繰り返すもの。

■ いつも「ギリギリ」もしくは「先延ばし」傾向

  にある人は、

  小さくてもよいので行動を変える、

  これしかない。

■ ほんの少しの行動の変化が、

  長い目で見れば、

  仕事の成果、ひいては、その人の人生をも変え得る。









posted by 安野 広明 at 15:04| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする