2017年07月29日

Vol.1713「“経営計画書の作り方(方針編)セミナー”、無事に終了しました」


昨日は、

表題のセミナーを開催。



11名の方がご参加下さいました。



盛りだくさんの内容を

90分に詰め込みましたので、

皆様、お腹一杯になられたようです(笑)。



ただ、

私(安野)が一番伝えたかった、


「経営計画書は、“作り方”よりも“使い方”(=チェック)が重要なので、

 とにかく(他社の真似をしてでも)

 形にしていただくこと」


というメッセージは

伝わったのではないかと思います。




以下、

「ご感想(一部のみ)」と「セミナーの様子」です。



■ 勉強になりました。充実した時間でした。


■ 経営計画書を作成してみようと思います。

 講義も分かりやすくとても良かったと思う。


■ まずはマネからやってみて様子見ます。

 数字、その他色々とやること沢山で、改めて社長なんだなと思いました。


■ 今日、経営計画書セミナーに参加させていただいて良かったです。

 計画書の必要性・重要性・・頑張って作る!


■ 経営計画書の必要性が本日のセミナーで分かった。

 いままでは銀行提出用に、次期の数値目標と営業報告書を作成していたが、

 次期からの計画は本日のセミナーを参考にして作成します。


■ 会社としての方針を固めていくよい機会となりました。実行あるのみだと思います。


■ (あんの会計の)経営計画書は真似させていただく。

 ランチェスターは、もう一度やり直していきます。


■ 前回の未来会計(セミナー)に続き、 

 安野さんの益田市の会社を元気にしたいという考えに賛同いたします。

 売上のみ意識する職員、幹部が多く、それでよいのかな〜と日々思います。

 自分自身も経理の勉強をもっとしたいと思いますので、今後また、

 セミナーに参加させていただきます。

 我社もできている部分、まだかな〜と感じるところ多々ありました。ありがとうございました。




P1090135.JPG



P1090131.JPG



P1090142.JPG




ありがとうございました!

 







posted by 安野 広明 at 09:50| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする