2017年07月28日

Vol.1712「組織づくりに終わりはない」


一昨日は

「次世代リーダーの会」(*)を開催。


http://annokaikei.com/leader



また、昨日は、

「益田木鶏クラブ」(=『月刊致知』を用いた、地域での意見交換会)

を開催しました。



いずれも

即効性の見込めない活動ではありますが(汗)、


「緊急性はないけど(将来のために)重要性が高い時間」(*)


と自分の中で位置付け、毎月、

地道に継続しております・・。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1379「時間に合わせていませんか?」
http://bplan.seesaa.net/article/441454813.html


****************************************


昨日の木鶏クラブでは、

東急電鉄の野田社長と大和証券の鈴木顧問の対談記事

について語り合いました。



同じ記事でも、

参加メンバーの捉え方や目の付け所が異なるため、

いつも学びや気付きをいただけます。



今回の記事の中で、

私(安野)なりに印象に残った箇所はいくつかあって、

その1つが、


東急沿線や渋谷や二子玉川などの

街づくりに取り組んでいらっしゃる野田社長の、


「街づくりというのはずっと継続していきますから、

 終わりが無いわけです。

 また、終わりがあってはいけない。

 いつ行っても新しいものがあって、

 住みたい、訪れたい、働きたいと思っていただける街に

 進化させていくことが大事だと思っています。」


という言葉。



これはそのまま

会社にも当てはまるな〜

と感じました。



活気の無い街が徐々に衰退していくのと同じように、

マンネリ化して活気の無い会社は

淘汰されていくからです。



やはり、日々、

会社で働くことの目的を社内で共有し、

常に新商品・新サービスの開発や環境整備の改善に取組み、

お客様がいつ来られても、飽きられない、

魅力のある組織に進化させていくこと

が大切だと思います。



そして、そのためにも欠かせないのが、


そこで働く社員さんの成長


でしょう。



1人1人が能力的にも人間性の面でも

成長していれば、

必ずお客様にも伝わり、

それはそのまま

会社の魅力へとつながるはずです。




また、野本社長は、

トップの一番大きな仕事として、


「カルチャー(社風)を変えること」


ともおっしゃっています。



時間がかかるとは思いますが、

お客様のみならず、そこで働く社員さんが、


「いい会社だな〜」

とか

「もっとここで成長したい」


と感じてもらえるような社風づくりを、

どこまでも追求したいものです。




本日は、備忘録を兼ねて。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 街づくりと同じように、

  お客様がいつ来られても飽きられない、

  魅力のある会社に進化させていくことが大切。

■ その際に欠かせないのが、

  そこで働く社員さんの成長。

■ そのためにも、トップは、

  社員さんから

  「いい会社だな〜」とか「もっとここで成長したい」

  と感じてもらえるような社風づくり

  を追求する必要がある。









posted by 安野 広明 at 16:32| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする