2017年07月24日

Vol.1708「“想いを1つ”にすることが、夢へ近づくための第一歩」


会社運営とは、


1人ではできないことを、

仲間の知識や能力や人間性などと掛け算しながら

価値を生み出す営み


だと考えています。



とりわけ、人数の少ない

中小零細企業において、

それは1つのチームのようなもの。



したがって、常日頃から、

仲間同士が相手を尊重し、

思いやりを持って行動することが不可欠です。



そして、そのためにも、

「想い」を共有する必要があります。



ここでいう「想い」とは、

会社としての「想い」。



すなわち、

「経営ビジョン」(=会社の夢、ありたい姿)

を意味します。



もちろん

メンバー個々にはそれぞれの「想い」

があるはずですが、


同じチームで働く以上は、

会社の「想い」に自分の「想い」を重ねて

メンバー全員で共有できるのが理想的。



そうやって

「想い」を1つにして、

「想い」のパワーが強くなるほど、

夢の実現へと近づくことができるからです。




それはあたかも、

虫眼鏡を使って太陽光を1点に集めると、

紙を焦がすほどのパワーになる(=熱を発する)

ようなイメージ。



1人1人の「想い」を1つに集めることで、

小さな会社でも、

大手に負けないほどの強力なパワーを発揮できる

と信じています。




ということで、

弊社では、本日より、

朝礼時の挨拶に「想いを1つにして!」

という掛け声を入れることにしました(笑)。



「形より入り、心に至る」


のスタンスで、

取り組んで参りたいと思います!


****************************************


【本日のまとめ】

■ 会社運営とは、1人ではできないことを、

  仲間の知識や能力や人間性などと掛け算しながら

  価値を生み出す営みである。

■ 同じチームで働く以上は、

  会社の「想い」に自分の「想い」を重ねて

  メンバー全員で共有できるのが理想的。

■ 1人1人の「想い」を1つに集めることで、

  小さな会社でも、

  大手に負けないほどの強力なパワーを発揮できる。










posted by 安野 広明 at 21:38| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする