2017年07月22日

Vol.1706「採用は、“ご縁”ではなく“戦略”である」


先日、

島根県主催の人材採用研修に参加してきました。



講師は、

人材紹介ではリクルートに次いで業界第2位である、

パーソルホールディングスのご担当者です。



その研修の中で印象的だったのが、


「採用は、戦略である。

 ご縁などではない(←ここ重要)。

 採用戦略が無いのは、論外です!」


という言葉。



私(安野)自身、

まったく意識していなかった訳ではありませんし、

人材紹介会社としてのポジショントークも多少入っているのでしょうけど、


改めて言われると、

ガツンと来ます(汗)。



ハローワークに求人票を出して、

そのうちいい人来るかな〜

なんていうのは時代錯誤。



マーケットを分析し、それに合わせた戦略を立てる。



商売をしている以上、


すべてにおいて「戦略」なくして成り立たない


ということです。



今回の研修では、

戦略を立てる上で必要となる

「考え方」や「知識」も教わりましたが、

それ以上に、

「戦略の重要性」を強く意識付けられた

気がします。



何をすべきかは見えてきたので、

あとは愚直な実践あるのみです!


*******************************************


採用活動をしていく上でのポイントは、

上述した通り、


戦略を持ち、受け身ではなく、こちらからとりにいく攻めの姿勢


です。



ただ、だからといって、

単純に求職者との接触頻度を増やせばよい

というものではないと思います。



そこで必要となってくるのが、

先日のエントリ(*)にも書かせていただいた通り、

「伝える力」。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1704「“未来食堂”から学んだ、“伝える力”による差別化戦略」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170720-1.html



「求めている職種」

についてはもちろんのこと、

「求めている人物像」や「組織風土」などを、


できるだけ相手に詳細かつ分かりやすく言語化し、伝えること


です。



そして、その際、


「文字量は思考の量に比例する」


と言われるように、

普段、あまり考えていない人は、

言語化するのがなかなか難しいはず。



ですので、

採用戦略を成功させるためには、


常日頃、思考を深掘りしているかどうか


が、結果に影響を与える

ように感じました。




弊社の場合、

採用に関しては、

戦略としても、その前提となる思考の深掘りという面でも、

まだまだ足りていませんので、

これからもしっかり向き合っていきたい

と思った次第。



時代錯誤に陥らないよう、

気を付けたいものです。


********************************************


【本日のまとめ】

■ 採用であれ何であれ、

  商売をしている以上、

  すべてにおいて「戦略」なくして成り立たない。

■ 採用戦略を成功させるためには、

  常日頃、思考を深掘りして、

  「伝える力」を磨いているかどうかが、

  結果に影響を与えるのではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 18:24| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする