2017年07月21日

Vol.1705「あと1週間!“経営計画書の作り方(方針編)セミナー”のご案内」


表題のセミナーまで、

残すところあと1週間となりました。



5月に開催した「未来会計セミナー」(*)の時は、

1週間前には定員オーバー状態でしたが、

今回はまだお席に余裕があります。


http://annokaikei.com/wp-content/uploads/news_2017_0502_seminar0526.pdf



やはり「経営計画書」は、

あまり人気が無いのでしょうか?(涙)



まあ、だからこそ、

もっとその真価をご理解いただき、

世の中に普及させていくために、

こういったセミナーを開催するんですけど。




とはいえ、

当社の「第32期経営計画書」のサンプルが特典としてつく(10名限定)のは、

あと1〜2名となっています。



早い者勝ちですので(笑)、

もしもご興味のある方は、

お早めにお申込み下さいませ。




以下、最終のご案内です。


******************************************


「経営計画書」と聞いて、

どんなイメージを持たれるでしょうか?



一般的には、


「今後数年間の数値予測が並べられた書類」


とイメージされる方が多いかもしれません。



はっきり申しますが、それはあくまで


(融資を受けるための)「銀行提出用」の経営計画書


であって、本来的な、


事業に生かすための経営計画書


ではありません。



もちろん、数値計画も大事です。



しかし、

数値だけで「方針書」が無ければ、

それはあたかも「仏つくって魂入れず」の状態なのです。



そこで、この度、


「経営計画書の作り方(方針編)」


と題してセミナーを開催し、

「方針書」についての作成ポイント

をお伝えすることにしました。



ぜひ、事業発展の魔法の書である「経営計画書」を、

経営にお役立て下さい。



セミナーの詳細は、こちらから。
       ↓
http://annokaikei.com/wp-content/uploads/seminar_2017_0728.pdf










posted by 安野 広明 at 22:40| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする