2017年07月11日

Vol.1695「縦と横があって初めて、良縁が広がっていく」


昨日は、

公認会計士の天明茂(てんみょうしげる)先生による

『立命塾』の最終講でした。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1654「縦のつながりから使命を見つける、“家系分析”のすすめ」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170531-1.html



4月にスタートし、昨日まで、

家系図を整理したり、ご先祖について調べたり

など、

これまでにない経験ばかり。



ご先祖とのつながりを通して

自分自身の役割や使命を明らかにする

という講座なのですが、

全4回が終了しての率直な感想は、


「参加して本当に良かった」


です。



改めて、

私(安野)個人としての(現時点での)使命を

言語化できましたし、


ご先祖(しかも、遡ること江戸時代!)に対する感謝の念も、

いままで以上に強くなりました。


*家系分析に宗教的な要素は一切ございません、念のため。




思い返せば、数年前、

偶然に偶然が重なり

天明先生と出会い、その後、

これまた偶然の再会によってご縁が深まり、

今回の塾に参加するに至ったのですが、


このタイミングで受講できたことには、

何か意味があったと感じざるを得ません。



今後、

この度の経験を基に、

ご縁のある方々にも

家系分析についてお伝えしていこう

と考えております。



とりわけ、

経営者の方にはおすすめです!


*****************************************


『月刊致知7月号』の中で、

三千院門跡門主の堀澤祖門氏が、


「縦糸と横糸がないと織物にならないように、

 縦と横があって初めて

 家族は構成される。


 家族だけじゃなくて、

 個人も会社も国もすべてに当てはまることでしょう。」


とおっしゃられているのが、

とても印象に残りました。



ここでいう縦とは、

先輩と後輩、上司と部下、師匠と弟子、

などの関係はもちろんのこと、

最も大事なのが、

ご先祖とのつながりだと考えています。



実は今回、『立命塾』を通して

改めて気付かされたのですが、

私を含め、多くの人は、

ご先祖についてあまり知りません。



「ご先祖に感謝を・・」

と言いつつ、そもそも

どんなご先祖がいらっしゃるのか、

よく知らないのです。



その中のお1人でも欠けたら

自分が存在していない訳ですので、

本来ならば、

もっと興味・関心を持って然るべきでしょう。



ご先祖の皆さんが、


どういうお人柄で、どういった生き方をされたのか


を知るだけでも、

ご先祖に対する感じ方が変わるはずです。


(なんて偉そうに書いてますが、

 数か月前まで、私も知らないことだらけでした・・汗)




そうやって、

代々の親の、子や孫に対する「言葉にならない想い」を

多少なりとも(想像でもよいので)感じ取り、


その「想い」や「願い」や「期待」が

最終的に自分にまで繋がっていること、

すなわち「縦のつながり」

を意識できた時、

「縦糸」や「縦軸」がしっかりと定まります。



そして、それと織りなす形で、


夫婦、友人、知人、同僚、同志などの「横」の良縁も広がっていくもの


だと思っています。




・・なんだか少し抽象的な内容になってしまいましたが、


「縦と横があって初めて、良縁が広がっていく」


という感覚を、

大切にしたいものです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「ご先祖に感謝を・・」

  と言いつつ、そもそもどんなご先祖がいらっしゃるのか、

  ほとんどの人は知らない。

■ 「縦と横があって初めて、良縁が広がっていく」

  という感覚を大切にしたいもの。









posted by 安野 広明 at 23:19| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする