2017年07月25日

Vol.1709「“独自の価値”を打ち出すために」


商売をする上で

不毛な価格競争に巻き込まれないためには、


商品・サービスの独自化・差別化が重要


と、よく言われます。



有名なランチェスター戦略(*)にも、

中小零細企業のような弱者がとるべき戦略として、


「差別化戦略」


と謳われていますので、

その通りなのでしょう。


*ご参照下さい。
   ↓
2013年2月12日 「ランチェスター戦略」
http://bplan.seesaa.net/article/321950419.html




ただし、頭では理解できていても、

実際の現場では、

競合他社と同じような取り組みばかりで

埋没してしまっている会社が多い

ような気がします。



つまり


独自の価値が打ち出せていない


のです。



では、どうすればよいのでしょうか?




この点、私(安野)は、

常日頃、


「(お客様は)どうして自分のところ(=弊社)で買わなければならないのか?」


と自問自答するように

心がけています。



同じ地域に同業の会社がたくさん存在し、

お客様からすれば

どこを選んでもよいという選択肢の中で、

どうして弊社から買わなければならないのか?



その理由を突き詰めて考えるのです。



いわば、逆算の発想とでも言いましょうか。



そうやって思考を切り替えるだけで、


▼ もっとお客様に選んでいただけるために、何ができるだろうか?

▼ うちにしかない価値は何だろうか?

▼ どうすればそれを磨くことができるだろうか?


などといったことに意識が向き、

会社として取り組む内容も、


将来的に独自化や差別化と結びつくもの


を取捨選択できるようになるはずです。




ちなみに、現在、

弊社が取り組んでいる独自化商品としては、


「未来会計」(あんの式月次決算書)と「経営計画書」


があります。



*ご参照下さい。


「未来会計」 → http://annokaikei.com/future


「経営計画書」 → http://annokaikei.com/plan



恥ずかしながら、まだまだ

付加価値として確立できていない状況ですが、

将来的には、


「これらの商品・サービスがあるからお客様から選ばれる!」


と自信を持って言えるくらいまで、

磨きをかけたいと思っています。




何かのご参考までに。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 価格競争に巻き込まれないためには、

  商品・サービスの独自化・差別化が重要

  とよく言われるが、実際には、

  独自の価値を打ち出せている会社は少ない。

■ 常日頃から、

  「(お客様は)どうして自分のところ(=弊社)で買わなければならないのか?」

  と自問自答することで、思考が切り替わり、
  
  会社として取り組む内容も、

  将来的に独自化や差別化と結びつくもの

  を取捨選択できるようになる。


  







posted by 安野 広明 at 22:34| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

Vol.1708「“想いを1つ”にすることが、夢へ近づくための第一歩」


会社運営とは、


1人ではできないことを、

仲間の知識や能力や人間性などと掛け算しながら

価値を生み出す営み


だと考えています。



とりわけ、人数の少ない

中小零細企業において、

それは1つのチームのようなもの。



したがって、常日頃から、

仲間同士が相手を尊重し、

思いやりを持って行動することが不可欠です。



そして、そのためにも、

「想い」を共有する必要があります。



ここでいう「想い」とは、

会社としての「想い」。



すなわち、

「経営ビジョン」(=会社の夢、ありたい姿)

を意味します。



もちろん

メンバー個々にはそれぞれの「想い」

があるはずですが、


同じチームで働く以上は、

会社の「想い」に自分の「想い」を重ねて

メンバー全員で共有できるのが理想的。



そうやって

「想い」を1つにして、

「想い」のパワーが強くなるほど、

夢の実現へと近づくことができるからです。




それはあたかも、

虫眼鏡を使って太陽光を1点に集めると、

紙を焦がすほどのパワーになる(=熱を発する)

ようなイメージ。



1人1人の「想い」を1つに集めることで、

小さな会社でも、

大手に負けないほどの強力なパワーを発揮できる

と信じています。




ということで、

弊社では、本日より、

朝礼時の挨拶に「想いを1つにして!」

という掛け声を入れることにしました(笑)。



「形より入り、心に至る」


のスタンスで、

取り組んで参りたいと思います!


****************************************


【本日のまとめ】

■ 会社運営とは、1人ではできないことを、

  仲間の知識や能力や人間性などと掛け算しながら

  価値を生み出す営みである。

■ 同じチームで働く以上は、

  会社の「想い」に自分の「想い」を重ねて

  メンバー全員で共有できるのが理想的。

■ 1人1人の「想い」を1つに集めることで、

  小さな会社でも、

  大手に負けないほどの強力なパワーを発揮できる。










posted by 安野 広明 at 21:38| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

Vol.1707「なぜ成長しなければならないのか?」


人は、


「このくらいで、もういいか」


と思った時点で、

成長が止まります。



そして、そうやって、

無意識のうちにブレーキをかけ、

自らの可能性を制限してしまう人は

けっこう多いです。



別にそれを否定するつもりはありませんが、

もったいないな〜

と感じてしまいます。




ところで、そもそも、

なぜ成長が必要なのでしょうか?



この点について、私(安野)は、

自分が成長することで

今よりも人の役に立てるようになれば、


より多くの人を幸せにできるし、

そしてそれが結果的に、


自分の幸せへとつながるから


だと考えています。



幸せの独り勝ちはありません。



自分の幸せは、必ず、

誰かの幸せと繋がっているはず。



であるとすれば、


「このくらいでいいか」


と成長を止めるのは、


自分が幸せを感じられる可能性を制限するようなもの


と言えそうです。




あと、成長に付随して、


世界の見え方・捉え方が変化していく楽しさ


もあります。



それはあたかも、

小学校 → 中学校 → 高校 と進学するにつれて

見える世界が広がっていくのと

似たような感じ。



私自身、

経営者として成長しようともがいてきたこの約7年間で、

色んな世界を知ることができましたし、

知れば知るほど、

未知なる世界への「好奇心」や「知識欲」のようなものが

沸々と湧き上ってきます。



もちろん

成長しようと思えば

自分に負荷がかかりますので、

決して楽ではありません。



しかし、それを乗り越えた先にある

本当の楽しさを感じられた時には、


「頑張って来て良かったな〜」


と、心から思える訳です。




まあ、別に、

いまのままで十分幸せだし、楽な方がいい

という人には、

関係無いのですが・・(汗)




本日は、改めて、

(私なりに)成長の必要性について

考えてみました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、「このくらいで、もういいか」

  と思った時点で、成長が止まるもの。

■ 人生に、幸せの独り勝ちはない。

  自らが成長することで、より多くの人を幸せにできるようになれば、

  結果として、

  自分の幸せへとつながるはず。

■ 成長することで、

  世界の見え方・捉え方が変わっていく楽しさ

  もある。









posted by 安野 広明 at 20:09| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする