2017年06月27日

Vol.1681「未知なる世界へ飛び込みましょう」


自分とは全く違う世界で活躍している人や、

価値観が異なる人と出会った時に、

どういう反応を示すのかが、


その人の「知的好奇心の度合い」や

「成長の伸びしろ」を現わしている

ような気がします。



ちなみに、私(安野)の場合、

自分が知らない世界の話しや

特定分野のマニアックな話しをする人

に出会うと、興味津々です。



先日も、たまたま

(お客様の関係で、)益田のハマグリを研究されている方

の講義を聞く機会があったのですが、

大変興味深く、メモを取りまくりました(笑)。



国産ハマグリの生態や、その希少性、

千年以上前からの高津川・益田川河口域の地形の変化、

そしてそれがハマグリに与えている影響、

ハマグリは海山川を次世代につなぐ環境のシンボルであること

などなど、


「こういう観点でハマグリや地域について考えたことなかったな〜」


と、

目から鱗でございます。



このようにして、チャンスがあれば、

未知なる世界へ飛び込み、


自分の世界を少しずつ広げていく感覚


を大事にしているつもり。



まあ、私の場合は元が世間知らずなので、

知れば知るほど

未知な世界だらけであることに

気付かされるのですが・・。




一方で、

自分の知らないことや、

自分の常識から外れたことに接した際、

あからさまに

無関心、拒否、抵抗の姿勢を示す人もいらっしゃいます。



おそらくそういう人は、

未知なる世界を理解できないというよりも前に、

そもそも、理解する気がないのでしょう。



したがって、必然的に

世界や視野が狭まり、

思い込みや常識に囚われ、

歳を重ねるにつれてますます頑固になっていく

のです。




先日のエントリ(*)にも書かせていただいたように、

少なくとも

これからの時代を生き抜くリーダーは、

そう(=無関心、拒否、抵抗の姿勢)であってはなりません。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1673「リーダーは、“メダルを集めるサル”であってはならない」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170619-1.html



知的好奇心を高く保ち、


積極的に未知なる世界へ飛び込んでいく


くらいの気概が必要だと思います。



そして、そのための

はじめの一歩として、

以下のような場を用意していますので、

ぜひご活用下さいませ(笑)


 ↓  ↓  ↓  ↓

『次世代リーダーの会』
http://annokaikei.com/leader



その理由については、

上記URLをクリックしていただければ

ご理解いただけるかと。。


*************************************


【本日のまとめ】

■ 自分とは全く違う世界で活躍している人や

  価値観が異なる人と出会った時に

  どういう反応を示すのかが、

  その人の「知的好奇心の度合い」や「成長の伸びしろ」を現わしている。

■ 少なくともリーダーには、知的好奇心を高く保ち、

  積極的に未知なる世界へ飛び込んでいく

  くらいの気概が必要ではないだろうか。








posted by 安野 広明 at 22:45| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする