2017年06月22日

Vol.1676「社員教育についてのあれこれ」


7年近く経営者をやらせていただいて

痛感するのは、

社員教育の難しさです。



私(安野)はもともと

自分1人の世界に籠もりたいタイプ(=職人タイプ)の人間

ですので、

(自分の子供を除き、)人を育てるなんて

おこがましいし、できるならしたくはない

という考えを持っています。



ただそうはいっても、

よりよい会社にするために、

立場上、社員教育せざるを得ない

というのが本音です。



そして実際、

時間とお金をかけて

あれやこれやと学びの機会をつくってきた

つもりではあります。



その結果、私が直面したのは、

1週間も経てば元の木阿弥となり、

(少なくとも目に見える限り)以前と何も変わっていない・・

という現実でした。



そんなことを

何度も繰り返していますので、


「あの研修時間は、一体何だったのだろう」


と、正直、虚しさすら感じます。



その立場になった人にしか分からない

かもしれませんが、

これは結構なストレスです・・。




そんなことを考えながら

それとなく本を読んでいると、


「過去と他人は変えられない、変えられるのは未来と自分だけ!」


みたいなことが書いてたりして(汗)、


「いや、まあ、その通りなんだけど、ちょっと辛いな〜」


と、

自らの未熟さ故に凹んでしまう

こともあったりします。




ただ、そうやって思い悩んでいる時に、

ふと、脳裏に浮かんだ言葉があります。



それは、漫画『スラムダンク』に登場する安西先生の、


「諦めたら、そこで試合終了ですよ・・?」


という名言(笑)。



もちろんこれは、漫画の設定上、

バスケの試合について使われた言葉

ではありますが、


社員教育にしても、

どこかで諦めてしまえば、

状態が悪くなることはあれど

良くなることはあり得ません。



諦めたら、試合終了(=それ以上改善されない)なのです。



であるとすれば、


0.1%、いや、0.01%でも可能性がある以上は、

諦めずに挑戦し続けてみよう


と、思い至りました。



ちょっと単純過ぎるかもしれませんけど・・。


(実際には、ここに至るまでに

 かなり悩みました)




今日は、地元の若手経営者と

社員教育について本音で語り合う機会があったので、

少しネガティブな内容を含め、

本音で(!?)書き残してみた次第。



まあ、やっぱり、

行き着くところは「自分」

なんでしょうね。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 何度やっても元の木阿弥になる状態が続くと、

  社員教育が虚しくなる時はある。

■ ただし、どこかで諦めてしまえば、

  状態が悪くなることはあれど、良くなることはあり得ない。

■ 0.1%、0.01%でも可能性がある以上は、

  諦めずに挑戦し続けるべき。

■ 諦めたら、そこで試合終了です!









posted by 安野 広明 at 20:08| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする