2017年06月21日

Vol.1675「人にすすめる前に、どれだけ自分が信じているか?」


どんな商売であれ、

成果を出す人とそうでない人との決定的な違いは、


自分が心から自社の商品・サービスを信じているかどうか


だと思っています。



あたかも自己暗示がかかっているかの如く、

自社の商品・サービスに惚れ込み、


「うちの商品を使ってもらえれば、絶対に会社がよくなりますよ!」

「うちのお店に来ていただければ、最高に楽しんでいただけますよ!」

「うちの商品・サービスを使わないなんて、もったいない!」


などといったことを、嘘偽りなく、

本気で思い込んでいる人は、強い。



もしも自分がお客の立場だとしたら、

そういう人からものを買いたい

と思うはずです。



そして、商品・サービスを利用した結果、

その内容に満足すれば、

積極的に友人・知人に紹介するかもしれません。



もちろん

世の中には怪しい商材も出回っていますので、

その辺りの選別は必要ですが・・。




逆に言えば、

商品・サービスを売っている張本人が、


「別にたいしたものではない、他で買っても同じだ」

「うちと付き合ってくれてもくれなくても、どっちでもいい」

「上から言われて、仕方なく売っている」

「お客が増えると、やることが多くなって面倒だ」


なんてことを考えながら商売している

としたら、どうでしょう。



そんな人から買いたくはないですし、

おそらくその人は、

たいした成果を出せないはずです。




少し話しは変わりますが、

弊社では、昨年末から、

「あんの式月次決算書」と「経営計画書」を、

自社の付加価値商品として

一押ししています。



私(安野)は、上記の商品について、

お客様に説明したり、セミナー等でお話しする都度、


「これらの商品は、中小零細企業がよくなるために必要不可欠な商品だ!」


と、確信を強めているところです。



正直、


「事業に活用しないなんて、もったいない!」


とすら感じています。



あとは、その想いを社内で共有し、

全てのスタッフが


「心から自社の商品・サービスを信じている」


という状態に至れば、


やがて到来するAI(人工知能)時代にも負けない、

自社の付加価値として確立できるはず。



そして、そのためにも、

まずは私自身が、もっと熱を込めて

社内外に発し続けて行かなければならない

と考えています。


(*そのための取組みの1つが、10月の経営計画発表会です)




・・どんなことであれ、

人に何かをすすめるには、

すすめる側の姿勢が何より重要ですし、

すすめたからには責任も生じるでしょう。



したがって

中途半端な気持ちですすめることのないよう、

自社の商品・サービスについて

価値を理解し、確信を持ち、

常によりよい内容にするべく、

磨きをかけていきたいものです。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 成果を出す人とそうでない人との決定的な違いは、

  自分が心から自社の商品・サービスを信じているかどうか。

■ 中途半端な気持ちで人にすすめることにならぬよう、

  自社の商品・サービスについて

  価値を理解し、確信を持ち、

  常によりよい内容にするべく、

  磨きをかけていきたいもの。










posted by 安野 広明 at 18:23| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする