2017年06月17日

Vol.1671「“即断即決で、いますぐやれるかどうか”を判断基準とする」


昨日は

午前中から夕方にかけて、

古田土会計主催の研修に参加。



終了後は、

同研修のために全国各地から集まった同業の方々と、

熱気溢れる懇親会でした。



ご一緒させていただいた皆様、

たくさんの刺激をありがとうございます!


****************************************


「試験勉強の7段階」


という戯れ言があります。



1段階 家に帰ったらやろう

2段階 晩御飯を食べたらやろう

3段階 お腹がいっぱいだから、少し休んだらやろう

4段階 このテレビ番組を観終ったらやろう

5段階 徹夜して頑張ろう

6段階 明日の朝、早起きしてやろう

7段階 ええい、こんちくしょう(=ぶっつけ本番 笑)




高校時代の私(安野)は、

まさに7段階の状態が続き、

当初は学年上位だった試験成績も、

みるみるうちに転落し、授業についていけなくなった・・

という苦い経験があります。



いま思い出しても、

あの頃は本当に酷かった(というかまともに勉強した記憶が皆無)

です(汗)。



なので、当時のトラウマもあり、

社会人になってからは、

できるだけ「前倒し」「前のめり」を心がけているつもり。



とはいえ、たまに

「先延ばし癖」が顔を出すことはありますけど・・。




ところで、なぜ、

やると決めたことが先延ばしになってしまうのでしょうか?



実は、

「〇〇の後にやろう」という言葉には、

「いまはしたくない」という強い拒否感

が隠れています。



つまり

決心を先延ばしにするということは、

変化を望む表向きの発言とは裏腹に、内心では、


「絶対に変化したくない」


と言っているようなもの(!)

なのです。



したがって

いざ実行すべき時がきても、

あたかも試験勉強の如く、

その決心はさらに延長される可能性が高いでしょう。




少し極端かもしれませんが、

(物理的な事情でできない場合を除き、)


もしもいますぐにやれないのであれば、

それはもう、「やる」とか言わない方がよい

気がします。



心が拒否している訳ですし、また、


「やる」と言っておきながら実行に移さず、

中途半端になっている状態の方が、

その人にとっても、周りの人にとっても、

精神衛生上よろしくありませんので。



よって、

新たな取組みを実行するに際しては、


「即断即決で、いますぐやれるかどうか」


を、1つの判断基準とすべき

だと考えています。




実行に移すのに、

スタートのための完璧なタイミングなんて

ありません。



最も実行に適したタイミングは、

「いま」しかないのです。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 決心を先延ばしにするということは、

  変化を望む表向きの発言とは裏腹に、内心では、

  「絶対に変化したくない」と言っているようなもの。

■ 新たな取組みを実行するに際しては、

  「即断即決で、いますぐやれるかどうか」

  を1つの判断基準にすべき。

■ 最も実行に適したタイミングは、「いま」しかない。









posted by 安野 広明 at 23:43| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする