2017年06月16日

Vol.1670「自分にどんなレッテルを貼っていますか?」


昨日は


「安易にレッテルを貼らず、1人の個人として向き合うこと」


について書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1669「“レッテル貼り”をやめ、“1人の個人”として向き合う」
http://bplan.seesaa.net/



今日はその続きです。




「レッテルを貼る」


という意味においては、

「他人」に対するのはもちろんのこと、実は、

「自分」に対しても同じことが言えます。



「どうせ自分なんて」「もういい年齢だし」

などといった否定的な自己イメージは、そのまま


「自分は〇〇な人間だ」


という負のレッテルを生み出すのです。



そして、そのレッテルは、

本人の心の奥深くに根差し、

無意識のうちに、行動全般に影響を及ぼします。



これは

「自己規定効果」

と呼ばれ、


人は、自らレッテルを貼った通りの人間になっていく


そうです。



プラスのレッテルならまだしも、

自分で負のレッテルを貼り、可能性を限定し、

結果的にその通りの人生を送っていく・・。



一度しかない人生をそんな風に過ごすなんて、

少なくとも私(安野)は

御免こうむりたいです(汗)。




また、もしかすると、


自分に自信が無い人ほど他人を信じることができない


のと同じで、


自分に負のレッテルを貼り、セルフイメージが低くなっている人ほど、

他人にも安易にレッテルを貼ろうとする


のかもしれません。




であるとすれば、

やはりポイントとなるのは、


自分にどういうレッテルを貼っているか?


ということ。



もしも


やるべきことは分かっているけど、なかなか行動が変わらない


のであれば、

行動を変えようとするより前に、まずは


自己イメージ(=自分へのレッテル)をつくり替えるべき


ではないでしょうか。



その際、

現在の自分に自信や実力があるかどうかは

関係ありません。



現状はさておいて、とりあえず、


いまとは違う理想的な自分の姿を明確にイメージすること


が、

一皮むけるための突破口になる

ような気がしています。




そんなことを考えました。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「レッテルを貼る」という意味においては、

  「他人」に対するのはもちろんのこと、

  「自分」に対しても同じことが言える。

■ 人は、自らレッテルを貼った通りの人間になっていく。

■ いまとは違う理想的な自分の姿

  を明確にイメージする(=プラスのレッテルを貼る)ことが、

  一皮むけるための突破口になるのではないだろうか。










posted by 安野 広明 at 23:59| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする