2017年06月03日

Vol.1657「時間とお金をかけて足を運ぶことの意味」


一昨日から本日まで、

社員研修旅行で東京へ行って来ました。




昨日の朝は、

西葛西にある古田土会計の朝礼参加&社内見学。



古田土会計は、

当ブログにも何度か登場(*)してますが、

数年前からベンチマークしている会計事務所です。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1515「ふくやの社長に教わった、運がよくなる秘訣」
http://bplan.seesaa.net/article/445865368.html

Vol.1151「成功の裏側にある、地味な部分にこそ着目すべき」
http://bplan.seesaa.net/article/432557033.html

Vol.444「常に“冷静と情熱のあいだ”を心がける」
http://bplan.seesaa.net/article/387385193.html

「究極の営業とは」
http://bplan.seesaa.net/article/312928248.html



残念ながら、

所長の古田土満(こだとみつる)先生には

ご出張の関係で一瞬しか会えませんでしたが、


古田土会計のスタッフの皆様の、


相手目線に立った「挨拶」「返事」「笑顔」「頷き」


などが素晴らしく、

弊社の社員さんも

それぞれに感じるところがあったのではないか

と思います。




ちなみに

私(安野)がいつも意識していることの1つに、


「自分の肌で感じる」


というのがあります。



いくら頭で理解しても、

実際に人に会ったり

現場を目の当たりにしなければ、

自分の「感情」が動かず、


「感情」が動かなければ、「行動」につながらないから


です。



だからこそ、

インターネットで大半の情報が得られる時代

であっても、


セミナー講師を選定する際には

事前に直接お会いして

その人柄や雰囲気を自分で確かめますし、


見本となる会社があれば、

できるだけ現地まで足を運ぶように

心がけているつもりです。


(だから必然的に、県外への出張が多くなります 汗)




本来は、私だけでなく社員の皆さんにも

そういった機会を増やしたいのですが、

なかなか業務の都合上、

そうもいかないのが現実でして・・



ですので、

今回の古田土会計への訪問で

現場を体感していただけたのは良かったな〜と、

(勝手に)考えております。




「自分の肌で感じる」ことで、「行動」へとつなげる。



これからも、

この営みを大切にしていきたい

と思った次第です。




古田土会計の皆様、

本当にありがとうございました!


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「感情」が動かなければ、「行動」につながらない。

■ そのためにも、お金と時間をかけて足を運ぶことには

  大きな意味がある。










posted by 安野 広明 at 21:12| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする