2017年06月30日

Vol.1684「飽きられないための工夫改善をしていますか?」


商売の本質は


「お客様から必要とされる存在であり続けること」


だと言えば、多くの方は、


「そんなこと分かっとるわ」


と思われるでしょう。



しかし、頭では分かっていても、

お客様から飽きられることなく、

必要とされるための工夫改善ができている会社は

意外と少ない気がします。



例えば

見込販売の業態であれば、

定番商品やヒット商品が生まれた後の

商品開発を怠っていたり、


受注販売の業態であれば、

いったん契約がとれたら

「やれやれ」と安心しきってしまい、

フォローアップや新サービスの提案が

疎かになっていたり・・。




時代の流れやお客様のニーズが目まぐるしく変わる中で、

工夫改善がなく、いつまでも同じことをやっていては、

やがて飽きられ、

もっと魅力的なところへとお客様が離れて行ってしまう

可能性もあります。



それでは

商売が尻すぼみですよね。



だからこそ

お客様が今、何を求めていらっしゃるのかを察し、

もしくは直接聞き出し、

受身ではなくこちら側から

そのニーズに対応できるよう努力する必要がありますし、


さらに言えば、

いまだお客様も気付いていない潜在的ニーズを先取りして、


「あ〜、それ欲しかったんだよね〜」

「そういうのを待っていたんだよ!」


などとおっしゃっていただけるよう、

商品・サービスに、工夫改善が求められるのです。




ちなみに、弊社の場合、

潜在的ニーズへの対応として現在取り組んでいるのが、


「未来会計(=あんの式月次決算書)」および「経営計画書」


となります。



*未来会計 → http://annokaikei.com/future

*経営計画書 → http://annokaikei.com/plan




恥ずかしながら、

お客様への説明も社内での徹底度合いも

まだまだ十分ではありませんが(汗)、


これからも「必要とされる存在」であり続けられるよう、

情報収集し、工夫改善に努めたい

と思った次第。




お客様から飽きられないための工夫改善を

していますか?


***************************************


【本日のまとめ】

■ 商売の本質は、

  「お客様から必要とされる存在であり続けること」である。

■ そのためには、

  いまだお客様も気付いていない潜在的ニーズを先取りして、

  「あ〜、それ欲しかったんだよね〜」「そういうのを待っていたんだよ!」

  などとおっしゃっていただけるよう、

  商品・サービスに工夫改善が求められる。









posted by 安野 広明 at 13:52| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

Vol.1683「意識の違いは、“姿勢”や“言葉”に現れる」


昨日の夜は、

『次世代リーダーの会』(*)を開催。


http://annokaikei.com/leader


初参加の方が1名、見学にお越し下さいました。



それにしても、この会のメンバーは、

本当に勉強熱心です。



ルールとして定めた訳でもないのに、

頷きながら真剣に人の話しを聞いているし、

必ずノートを開いてメモを取ってるし。



そもそも、

仕事帰りで疲れているにもかかわらず、

弊社まで足を運び、学ぼうとされている方々

ですので、その時点で

かなり意識が高いですよね。



やはり、(社内でもそうですが、)


意識の違いは「(聞く)姿勢」に現れるものだな〜


と、改めて感じました。




また昨日は、話しの中で、


▼ この会に参加したのがきっかけで、いままで本を読む習慣が無かったのに、

  (1年半くらいで)50冊読みました

▼ いままでやったことのない取組みにチャレンジしてます

▼ 自分が目指すところ(=仕事の目的)が明確になりました


などなど、

メンバーから嬉しい報告がございました。



まあ、私(安野)自身は、

学びの場を提供し、たまに放談したりメンバーに話しを振ったり

しているだけであって、


メンバーの皆様が成果を出される上で、

これといった価値を提供できている訳ではありません。



言うなれば、

参加者同士が勝手に(?)刺激し合い、

相乗効果によって、それぞれ勝手に成長している

といった感じでしょうか。



いや、むしろ、


会の運営において誰も無理をしていない


という状態が、

場が継続できている秘訣

のような気がします。



誰か1人にしわ寄せが行ったり、

特定の人が無理をしてしまうと、

そのうち続かなくなりますので。。




とはいえ、

年に1〜2回開催している

『Next MASUDA ともしびプロジェクト』

に関しては、

私が企画・集客・運営の総責任者ですので、

正直、けっこうエネルギーを使います。



先日も、

比田井和孝先生のご講演(*)が無事終了した直後は、

どっと疲れがきました・・(汗)


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1664「講演会、無事に終了しました!」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170610-1.html



ただし、昨日のメンバーの1人が、


「過去に講師で招いた〇〇先生の〇〇という言葉を思い出しながら、

 新しい取組みに挑戦している」


とおっしゃって下さったのを聞いて、

少し報われた気がします。



講演の中で、講師先生から教わった言葉の「種」が、

それぞれの記憶の中に植え付けられ、

しっかりと育まれているんだな〜

というのを感じられたからです。



まさに


「主催者冥利に尽きる(=開催して良かった!)」


というやつですね。




ちなみに、昨日の会が終わった後、

初参加の方に率直なご感想を聞いてみました。



「噂には聞いていましたが、本当にざっくばらんな会でした(笑)」


「会の中で飛び交っている言葉は、

 セミナーや本から学んだ“良い言葉”の割合がかなり高く、

 前向きになれました」


とのことです。



そのようなご感想をいただき、改めて、

メンバーの皆さんの発する言葉は、

「前向き」「プラス発想」なものが多い

ことに気付きました。



やはり、意識の違いは、


「姿勢」のみならず「言葉」にも現れるものだな〜


と、考えさせられた次第です。




・・なんだかまとまりのない文章を

つらつら書いてしまいましたが(汗)、


『次世代リーダーの会』は上記のような場ですので、

一度見学にお越しいただければ、きっと、

メンバーの「姿勢」や発せられる「言葉」

に刺激を受けるはず。



ご興味があれば、ぜひ、

弊社までご連絡下さいませ(笑)



共に成長しましょう!


http://annokaikei.com/leader


******************************************


【本日のまとめ】

■ 意識の違いは、「姿勢」や「言葉」に現れる。

  それを体感されたい方は、ぜひ、

  『次世代リーダーの会』にご参加下さい!(笑)








posted by 安野 広明 at 23:02| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

Vol.1682「“挑戦する風土”を生み出す」


昨日の夜は、

益田木鶏クラブ(=『月刊致知』を用いた勉強会)を開催。


お隣の浜田市から女性2名が見学に来られました。



しかも、お2人とも、

過去に弊社の特別講演会にお越し下さっており、

ご縁を感じます。



終了後には、お2人から、


▼ 色々な角度からのお話しが聞けて勉強になった

▼ もっと堅い感じの勉強会だと思って緊張していた

▼ こんなにざっくばらんだとは思わなかった、楽しかった

▼ あっという間の時間だった、これからさらに盛り上がる所だったのに・・(笑)


といったご感想をいただけたので、

事務局の私(安野)としても、ホッとしました。



このように

ある日突然ご縁が繋がることもあるので、

やはり、どんな会でも、

「継続」が大事なんですよね。



益田木鶏クラブの見学をご希望の際には、

いつでも事務局である弊社まで

ご連絡下さいませ!(笑)


*****************************************


人は、

誰かが真剣に挑戦している姿を見た時に、

感動を覚えます。



その結果が、うまくいこうがいくまいが、

挑戦している姿そのものに心が動くのです。



とりわけ、

スポーツの世界は分かりやすい。



例えば、

フィギュアスケートの浅田真央さんが人々を魅了したのは、

難易度を下げて安全策をとれば高得点は望めるものの、

あえてトリプルアクセルという大技に挑戦し続けたから

だと思います。



また、少し古い例にはなりますが、

「ドーハの悲劇」や「ジョホールバルの歓喜」のように、

当時のサッカー日本代表が

日本中を感動の渦に巻いたのも、

ワールドカップ出場という高い壁に挑戦する姿

が国民の心を動かしたから

と言えましょう。




もちろん

スポーツに限らずとも、

身近な人の挑戦する姿にも、勇気をもらえるものです。



それは、

自分の子供が、発表会や部活等に挑戦している姿だったり、

職場の仲間やお客様が、新しい取組みに挑戦している姿だったり。



そういう姿を見ると、

応援したくなるし、時には感動するし、


自分ももっと頑張ろう、もっと挑戦しよう


と思えるのではないでしょうか。




そして、もしも

今いる場を「挑戦する風土」にしたいのであれば、


まずは自分自身が挑戦する姿を見せなければならない


のは言うまでもありません。



日々、挑戦できているか、

惰性になっていないか、手を抜いていないか、


自分の姿勢次第で、

その場の雰囲気は変わると

つくづく感じます。




挑戦は、そのまま

その人の成長につながるもの。



会社であれば経営者やリーダーが、

家庭であれば親が、

何かに挑戦している姿を見せ、


「挑戦する社風(家風)」を生み出すことが大切


だと考えています。



自戒を込めて。。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 人は、誰かが真剣に挑戦している姿を見た時に、

  感動を覚えるもの。

■ 今いる場を「挑戦する風土」にしたいのであれば、

  まずは自分自身が挑戦する姿を見せなければならない。







posted by 安野 広明 at 18:05| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする