2017年05月25日

Vol.1648「書いた人だけが得をする、という世界」


昨日は

『次世代リーダーの会』(*)を開催。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



毎回、会の最初に、


ここ1ヵ月の私(安野)なりの学び・気付きのアウトプット



おすすめ本の紹介


をさせていただくのですが、


昨日も、その準備のために、

過去1か月分のブログの記事(紙でファイルしたもの)を

ざっと読み返しました。



そして、その際に気付いたのが、

特にこの1ヵ月、切り口は違えど、


「同じような内容の記事ばかり書いていたな〜」


ということ。



私がブログを書く時には、できるだけ、

自分の感情をタイムリーに言語化する

ように心がけていますので、


内容が重複しているということは、

それだけ自分の中で旬なテーマ(=課題や悩み)

なのだと思います。



まあ、読まれた方からすれば、


「また同じこと書いてるよ〜」


としか思わないでしょうけど・・(汗)




ただ、このように、

悩みを言語化してアウトプットすると、

そのテーマについて、


書けば書くほど思考が掘り下げられていく


という感覚があります。



そして、いったん思考を深めておけば、

日常の人間関係において

同じような課題や悩みに直面したとしても、


一時的な感情に囚われず、

冷静さを保てるような気がします。



過去のエントリ(*)にも書きましたが、


書く習慣は、あたかも「精神安定剤」のようなもの


なのかもしれませんね(笑)。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.844「ブログには、“精神安定剤的な効果”もあった!?」
http://bplan.seesaa.net/article/415552457.html




また、こうして毎日書いていると、


自己矛盾に気が付きやすい


というメリットもあります。



すなわち、必然的に、

心のベクトルが自分に対して向くため、


▼ 「言っていること」と「やっていること」が矛盾していないか?

▼ 「やっていること」に一貫性を持てているか?


などを常に意識するようになり、

適時に方向を修正してくれる、

いわば

「軌道修正機能」が働くのです。




・・自分にとっての

「精神安定剤」であり、なおかつ、

「軌道修正機能」となる。



書く習慣というのは、

これだけ波及効果が高く、人生に良い影響をもたらしてくれる

にもかかわらず、

多くの人はやらないんですよね。


もったいない・・




日々の思索を書き綴る作業は、

まさに

やった人だけが得する世界だな〜と、

つくづく感じています。



****************************************


【本日のまとめ】

■ 日々の思索を書き綴る習慣

  というのは、自分にとっての

  「精神安定剤」であり、「軌道修正機能」となる。

■ これはまさに、やった人だけが得をする世界

  といえる。









posted by 安野 広明 at 22:23| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする