2017年05月18日

Vol.1641「外に出て、人に会い、感度を高める」


最近、

お客様や市内外のキーパーソンと

ランチをご一緒する機会(=会食)を、

意識的に増やしています。



「書を捨てよ、町へ出よう!」(*)

ではありませんが、やはり、


「外へ出て人と会う」


というシンプルな活動を疎かにしてはいけない

と思うからです。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.989「書を捨てよ、町に出よう!」
http://bplan.seesaa.net/article/423622336.html




実際に会ってお話しをすると、

親交が深まるのはもちろんのこと、


自分が認識できていなかった「お困りごと」や「お悩み」

が分かったり、


その人の「思考」や「想い」、はたまた「声なき声」

などを感じ取ることができます。



そして、

その中から商売のヒントや新たな気付き

が得られると同時に、


前向きな話しをすることで、自然と

目線やモチベーションも上がるものです。



さらに、そうやって

(会食等で)様々な価値観に触れていれば、

間違いなく、

感性のアンテナ(*)の感度は高くなります。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1334「相手を“感動”させたいなら、まずは“感性のアンテナ”を立てましょう」
http://bplan.seesaa.net/article/440074798.html


Vol.1335「“感性のアンテナ”は、人間関係を円滑にする」
http://bplan.seesaa.net/article/440109547.html




この「感度の高さ」というのは、とりわけ、

商売をする上でなくてはならないもの。



だからこそ

経営者やリーダーは、


積極的に「外へ出て、人に会う」を心がけるべき


だと考えています。




夜だとダラダラしがちですが、

ランチだとお互いに時間制限があり、

その分密度も濃くなりますので、


時間の無い経営者やリーダーには、

「ランチ会食」はおすすめです(笑)。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 会食等を通じて様々な価値観に触れていると、

  感性のアンテナの感度は高くなる。

■ 経営者やリーダーは、

  積極的に「外へ出て、人に会う」を心がけるべき。









posted by 安野 広明 at 17:24| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする