2017年05月02日

Vol.1625「“毎日の稽古”が充実感をもたらす」


先日、お客様にお招きいただいた食事会の席で、

高校時代の柔道部の先生と

再会するご縁に恵まれました。



私(安野)はサッカー部でしたので

直接ご指導を受けた訳ではありませんが、

体育の授業や寒稽古などでお世話になった、

尊敬する恩師(*)です。


*ご参照下さい。
  ↓
Vol.161「自分の道場はあるか?」
http://bplan.seesaa.net/article/357945656.html




先生は、いまでも毎日稽古をされているそうで、


「日々充実している」

「申し訳ないくらい幸せだ」

「感謝しかない」


とおっしゃっていました。



私も、自信を持って

そう言える人生を送りたいな〜

と、素直に思います。




また同時に、

「毎日の稽古」こそが

充実感をもたらす最大の要因ではないか

とも感じました。



日によって

稽古のメニューは多少変更する(軽めの時もある)そうですが、

毎日継続することによって、

体調管理はもちろん、

精神的な面でも安定感や充実感が得られるのではないか

と思うのです。




実際、


自分でやると決めた習慣(=稽古)をやり続けている人


というのは、

自分の中に(精神的な)軸ができます。



そして

軸を持つことによって、

世間や周囲に流さそうになっても踏み止まることができ、

精神的な振れ幅も小さくなる(=安定する)

でしょう。



また、

やがて軸が太く、揺るぎないものになれば、

重心が下がることで謙虚に感謝できるようになり、

周囲への感謝の念が充実感をもたらす

と思います。




・・ということで、やはり

充実した人生を送るための根本は、


「地道にコツコツ鍛錬する」


に尽きるんですよね。



私はまだまだできてませんが・・(汗)




恩師とお話ししながら、

そんなことを考えました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 自分でやると決めた習慣(=稽古)をやり続けている人は、

  自分の中に(精神的な)軸ができ、

  それが安定感や充実感を生み出す。

■ 充実した人生を送るための根本は、

  「地道にコツコツ鍛錬する」こと。










posted by 安野 広明 at 15:57| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする