2017年05月19日

Vol.1642「異色の会計事務所!?“お役立ちセミナー”のご案内」


昨日は、弊社会議室にて

『ピラティス体操セミナー』(*)を開催しました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1626「“ピラティス体操セミナー”のご案内」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170503-1.html


*以下、開催の様子です。


P1080622.JPG


P1080629.JPG



私(安野)はセミナー会場にいた訳ではありませんが、

参加者のご感想を読むと、

大変喜んでいただけたようで、良かったです。



セミナー終了後には、

講師の田中美礼先生とお話ししました。



この地域に「ピラティス」を広めたい

という情熱をお持ちでいらっしゃって、

素晴らしいと思います。



その熱意が、参加者にも伝わったのでしょうね。


本当にありがとうございました!




それにしても、

「会計事務所」で「ピラティス」

というのは、異色の組み合わせだな〜と、

改めて感じます(笑)。



まあ、これまでも


▼ メイクレッスン

▼ 日本酒講座

▼ フラワーアレンジメント

▼ ストレッチ体操

▼ 食育

▼ 絵手紙教室

▼ 浴衣のきかた教室

▼ 益田の歴史講話

▼ iPad講習

▼ 論語


などなど、

おおよそ「会計事務所」のイメージとは結びつかないテーマ

でセミナーを開催していますので、

今更と言えば今更なのですが・・。



一応、今回のように、

当社会議室で開催する少人数セミナーを

『お役立ちセミナー』と題し、

ファンづくりの一環として継続しております。



まあ、世の中に1つくらい

当社のような異色の会計事務所があってもよいのかなと。




ちなみに、次回、

5月26日(金)の『お役立ちセミナー』は、

本業である「会計」に関連する内容です。



詳細については、以下をご参照下さい。
    ↓
Vol.1627「“未来会計セミナー”のご案内」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170504-1.html



現時点で10名のお申込みをいただいていますので、残席わずか。



私が講師として熱を込めてお伝えします。


よろしければ、ぜひご参加下さい!



*チラシはこちら → http://annokaikei.com/miraisemina29.5.pdf







posted by 安野 広明 at 06:05| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

Vol.1641「外に出て、人に会い、感度を高める」


最近、

お客様や市内外のキーパーソンと

ランチをご一緒する機会(=会食)を、

意識的に増やしています。



「書を捨てよ、町へ出よう!」(*)

ではありませんが、やはり、


「外へ出て人と会う」


というシンプルな活動を疎かにしてはいけない

と思うからです。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.989「書を捨てよ、町に出よう!」
http://bplan.seesaa.net/article/423622336.html




実際に会ってお話しをすると、

親交が深まるのはもちろんのこと、


自分が認識できていなかった「お困りごと」や「お悩み」

が分かったり、


その人の「思考」や「想い」、はたまた「声なき声」

などを感じ取ることができます。



そして、

その中から商売のヒントや新たな気付き

が得られると同時に、


前向きな話しをすることで、自然と

目線やモチベーションも上がるものです。



さらに、そうやって

(会食等で)様々な価値観に触れていれば、

間違いなく、

感性のアンテナ(*)の感度は高くなります。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1334「相手を“感動”させたいなら、まずは“感性のアンテナ”を立てましょう」
http://bplan.seesaa.net/article/440074798.html


Vol.1335「“感性のアンテナ”は、人間関係を円滑にする」
http://bplan.seesaa.net/article/440109547.html




この「感度の高さ」というのは、とりわけ、

商売をする上でなくてはならないもの。



だからこそ

経営者やリーダーは、


積極的に「外へ出て、人に会う」を心がけるべき


だと考えています。




夜だとダラダラしがちですが、

ランチだとお互いに時間制限があり、

その分密度も濃くなりますので、


時間の無い経営者やリーダーには、

「ランチ会食」はおすすめです(笑)。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 会食等を通じて様々な価値観に触れていると、

  感性のアンテナの感度は高くなる。

■ 経営者やリーダーは、

  積極的に「外へ出て、人に会う」を心がけるべき。









posted by 安野 広明 at 17:24| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

Vol.1640「“自分基準”を高めるには、初めの一歩が肝心」


それぞれの会社には、

ルール化、マニュアル化された「会社基準」

というものがあります。



例えば弊社では、

お客様をお見送りする際、


「車が見えなくなるまで立ち続け、

 見えなくなる直前で再度お辞儀をする」


という接客マニュアルがあるのですが、

これも1つの「会社基準」です。



こういった基準があるにもかかわらず、

もしもそこで働く社員さんが、

頭では「何をすべきか、何をした方がよいか」

を理解しつつ、


「まあ、そこまでやらなくても・・」


と手を抜き、勝手に

「会社基準」を「自分基準」にすり替えていたとすれば、

その人もその会社も

永遠に変わることができないでしょう。



実際、マニュアルが形骸化し、

いつまでたっても中身が伴わない会社は、

世の中にたくさんありますし・・。



(ちなみに、

 弊社の上記に掲げた「会社基準」に関しては、

 始めた当初、おそらく大半の社員さんは

 「そこまでやらなくても・・」

 と思われたはずですが(笑)、

 いまではだいぶ定着した感があります)




思うに、どんなことでも、

初めの第1歩が最もエネルギーを要します。


第1歩さえ踏み出せば、

2歩目、3歩目と、

徐々に流れを生み出すことができるはずです。



それはあたかも

自転車の運転のようなもので、

最初の踏み込み時はペダルが重く感じたとしても、

2回転、3回転と漕いでいくうちに加速がつき、

だんだんと楽になります。




したがって、大事なのは、

最初の1歩の段階で、

「そこまでやらなくても・・」と

「自分基準」でブレーキをかけるのではなく、


とりえあず思い切って決められた通りにやってみること


ではないでしょうか。



しばらくは意識しなければできない

かもしれませんが、やがて

意識せずとも当たり前にこなせるようになり、

それがその人にとっての「巡航速度」

となるはずです。




そうやって1人1人が「会社基準」で仕事している職場は、

社内に一体感や活気が生まれ、

そしてその雰囲気は、

お客様に伝わり、口コミや評判へとつながります。




「そこまでやらなくても・・」

が、

「やるのが当たり前」

になった時、

人としても会社としても一皮むける、

そのように考えております。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 頭では「何をすべきか、何をした方がよいか」を理解しつつ、

  「まあ、そこまでやらなくても・・」

  と手を抜き、勝手に「会社基準」を「自分基準」にすり替えていたとすれば、

  その人もその会社も永遠に変われない。

■ 最初の1歩の段階で、

  「そこまでやらなくても・・」と

  「自分基準」でブレーキをかけるのではなく、

  とりえあず思い切って決められた通りにやってみることが肝心。










posted by 安野 広明 at 18:00| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする