2017年05月11日

Vol.1634「“選択すること”は、“選ばなかった未来を捨てること”でもある」


「もしもあの時、別の選択をしていたらどうなっていただろう」


と考えることは、

誰にでもあると思います。



ちなみに、私(安野)にとって

最も印象深い「あの時」は、

平成20年10月、東京から益田へのUターンを決めた時のこと。



緊急事態だったこともあり、

冷静に判断する余裕が無かった

というのが正直なところですが(汗)、

いまでは当時の選択をまったく後悔していません。



ただ、決断するということは、


選ばなかったすべての未来を捨てる


ということでもありますので、

もしもあのまま東京で働いていたら

自分はいま何をやっているのだろう・・

と思ったりはします。



それと同時に、最近感じるのは、

上記のような大きな選択もそうですが、


地味で目立たない日常的な選択や意思決定もまた、

長い目で見れば

人生に多大な影響を与えるのではないか

ということ。



例えば、


▼ 朝、目が覚めた後、二度寝をするかしないか

▼ 仕事で気がかりなことを、先延ばしにするかしないか

▼ 仕事が終わって、とりあえず1杯やるかやらないか

▼ 家に帰ってテレビをつけるかつけないか

▼ 寝るまでに、本を読むのか読まないか


などなど。



些細なことかもしれませんが、

1つ1つについて別の選択をすれば、

異なる未来が待っていることは事実です。




無限にある選択肢も、

選択や意思決定した瞬間から、

1つの未来だけが現実化する。



人生とは、そういった選択の繰り返し

なのだと思います。




そのように考えると、


「いつもやっているから・・」

とか

「みんなもやっているから・・」


などという惰性的な理由で

なんとなく選択したり、意思決定する

というのは、

いかがなものでしょうか。



自分の選択は、


選ばなかったすべての未来を捨てている


という感覚を持ち、

後悔しない選択を心がけたいものです。




自戒を込めて・・。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 地味で目立たない日常的な選択や意思決定も、

  長い目で見れば、人生に多大な影響を与える。

■ 自分の選択は、

  選ばなかったすべての未来を捨てている

  という感覚を持ち、

  後悔しない選択を心がけたいもの。





posted by 安野 広明 at 16:40| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

Vol.1633「互いの“思い込み”を確認するには、“対話”しかない」


わたしたちは、

個人的な思い込みや妄想(?)によって


「自分は〇〇な人間だ」

とか

「あの人には、こうあって欲しい(こうあるべきだ)」


というイメージをつくり上げています。



それらはあくまで思い込み

ですので、

明確な根拠はありません。



すなわち、


自分の思い込みというフィルタを通して、

自分が見たいように世の中を眺めているに過ぎない


ということです。



したがって

1人1人の思い込みが強ければ、

対人関係において


誤解や不調和(イライラ)が生じる


のは、避けて通れないでしょう。




例えば、

目をかけている部下や自分の子供が

期待どおりの行動をしてくれない場合、


上司や親の立場とすれば、

イライラするかもしれません。



「部下(子供)は(自分の)期待どおりに行動し、成長するべき」


という思い込みが裏切られたことによって、

そういった感情が生じる訳です。



ただし、上司や親は、

自身の思い込みのフィルタを通して

自分が見たいところ(見やすいところ)だけを見ており、


実際には、

部下や子供の成長を見過ごしている(見えていない)

可能性もあると思います。



これはまさに、

思い込みによる誤解が生じた状態

と言えましょう。



そして、こういった誤解や不調和を

そのまま放ったらかしにすることは、

お互いにとって不幸ですし、

場(=職場や家庭)の雰囲気も悪化しかねません・・。




そこで大切になってくるのが、

互いの思い込みを確認する作業である、

「対話」です。



対話を繰り返すことで、

自分と異なる考え方やものの見方や価値観

を発見できます。



それは、

それぞれの思い込みの現れであり、

1度で難しければ、2度、3度と繰り返していくうちに、

見え方の違いが明確になるはず。



そしてそこから、


お互いにとって合意できる共通点


を見い出していけばよいのです。




幼い頃から培われてきた1人1人の思い込み

というのは、かなり頑固ですので、

上記のような努力をして初めて、

信頼関係が築けるのではないでしょうか。



そんなことを考えました。


****************************************


【本日のまとめ】

■ わたしたちは、

  自分が見たいように世の中を眺めているに過ぎない。

■ したがって、対人関係において

  誤解や不調和(イライラ)が生じることは、避けて通れないはず。

■ 思い込みを確認するための対話を繰り返し、

  「お互いにとって合意できる共通点」

  を見い出す努力をして初めて、

  信頼関係が築けるのではないだろうか。








posted by 安野 広明 at 17:28| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

Vol.1632「開催まであと1ヵ月!“第6回 Next MASUDA ともしびプロジェクト”のご案内」


表題のセミナー開催まで、

丁度あと1ヵ月となりました。



ちなみに

講師の比田井和孝先生(=通称、ヒダカズ先生)は、先日、

『モヤモヤさまぁ〜ず』という人気TV番組に出演されたそうです。



放映された内容について

なんとご本人が解説されている映像がございますので、

ぜひご覧になってみて下さい。



ヒダカズ先生のお人柄も

よく分かると思います(笑)。



https://www.facebook.com/hidakazu/videos/1392690057455847/




ということで、

以下、再度のご案内です!


↓    ↓    ↓    ↓


今年も例年のように、

「Next MASUDA ともしびプロジェクト」

と題し、

『次世代リーダーの会』(*)主催で

地域の皆様に向けた講演会を開催したいと思います。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



日時は、6月9日(金)19時〜20時半(開場18時半)、 

場所は、EAGA3階大ホール

です。



講師は

知る人ぞ知る「ウエジョビ魂の伝道師」、

上田情報ビジネス専門学校 副校長の

比田井和孝(ひだいかずたか)先生

で、


テーマは

「何のために働くのか」

です。


<おすすめ本>

「私が一番受けたいココロの授業−人生が変わる奇跡の60分」 ←10万部突破のベストセラー!
https://www.amazon.co.jp/dp/4341131656/

「私が一番受けたいココロの授業 講演編」
https://www.amazon.co.jp/dp/4341131907/

「私が一番受けたいココロの授業 子育て編」
https://www.amazon.co.jp/dp/4341132474/



比田井先生は長野県上田市を拠点としてらっしゃるのですが、

実は、益田ドライビングスクール様とご縁があり、

毎年、Mランド祭りの前夜祭で

卒業生向けに講演されています。

(比田井先生のご著書にも、Mランドのことが紹介されています)




今回は、テーマがテーマだけに、

特に若い方々に聞いてもらいたい内容です。



社員研修としても

ご活用いただけると思っています。




1人1人の

「何のために働くのか」

がカチッと定まれば、

もっと地域が元気になるはず。



ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加下さいませ!



*詳細(チラシ)については、こちらからどうぞ。
      ↓
http://annokaikei.com/tomoshibi29.6.pdf









posted by 安野 広明 at 07:41| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする