2017年05月25日

Vol.1648「書いた人だけが得をする、という世界」


昨日は

『次世代リーダーの会』(*)を開催。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



毎回、会の最初に、


ここ1ヵ月の私(安野)なりの学び・気付きのアウトプット



おすすめ本の紹介


をさせていただくのですが、


昨日も、その準備のために、

過去1か月分のブログの記事(紙でファイルしたもの)を

ざっと読み返しました。



そして、その際に気付いたのが、

特にこの1ヵ月、切り口は違えど、


「同じような内容の記事ばかり書いていたな〜」


ということ。



私がブログを書く時には、できるだけ、

自分の感情をタイムリーに言語化する

ように心がけていますので、


内容が重複しているということは、

それだけ自分の中で旬なテーマ(=課題や悩み)

なのだと思います。



まあ、読まれた方からすれば、


「また同じこと書いてるよ〜」


としか思わないでしょうけど・・(汗)




ただ、このように、

悩みを言語化してアウトプットすると、

そのテーマについて、


書けば書くほど思考が掘り下げられていく


という感覚があります。



そして、いったん思考を深めておけば、

日常の人間関係において

同じような課題や悩みに直面したとしても、


一時的な感情に囚われず、

冷静さを保てるような気がします。



過去のエントリ(*)にも書きましたが、


書く習慣は、あたかも「精神安定剤」のようなもの


なのかもしれませんね(笑)。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.844「ブログには、“精神安定剤的な効果”もあった!?」
http://bplan.seesaa.net/article/415552457.html




また、こうして毎日書いていると、


自己矛盾に気が付きやすい


というメリットもあります。



すなわち、必然的に、

心のベクトルが自分に対して向くため、


▼ 「言っていること」と「やっていること」が矛盾していないか?

▼ 「やっていること」に一貫性を持てているか?


などを常に意識するようになり、

適時に方向を修正してくれる、

いわば

「軌道修正機能」が働くのです。




・・自分にとっての

「精神安定剤」であり、なおかつ、

「軌道修正機能」となる。



書く習慣というのは、

これだけ波及効果が高く、人生に良い影響をもたらしてくれる

にもかかわらず、

多くの人はやらないんですよね。


もったいない・・




日々の思索を書き綴る作業は、

まさに

やった人だけが得する世界だな〜と、

つくづく感じています。



****************************************


【本日のまとめ】

■ 日々の思索を書き綴る習慣

  というのは、自分にとっての

  「精神安定剤」であり、「軌道修正機能」となる。

■ これはまさに、やった人だけが得をする世界

  といえる。









posted by 安野 広明 at 22:23| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

Vol.1647「“昨日の自分”との比較で、道をひらいていく」


尊敬する人、憧れの人、目指している人

たちの、

SNSへの投稿やメルマガを読みながら、


「〇〇ができるなんて、羨ましいな〜」

とか

「自分にも〇〇さんのような才能があったら・・」


と思うことはよくあります。



まあ、そうすることによって

刺激を受け、自らの目線が上がるのであれば、

他者との比較自体、

決して悪いことではないでしょう。




ただ、最近感じるのは、


そもそも

「才能」や「環境」のみならず、

それぞれに与えられている「役割」が異なる

のだから、


他者との比較は、(目線を上げる以外の理由においては)

ほとんど意味を為さないのかもな〜


ということ。



ここでいう「役割」には、

会社における「役割」、家庭における「役割」、地域における「役割」

などがあります。



そして、そういった自分の「役割」と

しっかり向き合い、深く掘り下げ、

熟考していけば、やがて、

自分の中に「志」が立つはずです。



おそらく、この、

自分にとっての「役割」や「志」が見つかった時、


「他者」との比較ではなく、「昨日の自分」との比較


だけで生きられるようになる

のではないでしょうか。




私(安野)が好きな相田みつをの詩の中に、


「道は自分でつくる 道は自分でひらく

 人のつくったものは 自分の道にはならない」


という作品がありますが、


自分の「役割」と「志」が定まった時、

他者との比較ではない

自分独自の道がひらけていく、


そのように考えています。




私の場合、

まだぼんやりとしか見えていませんが、これからも


自分の「役割」とは何なのか?「志」とは?


を自問自答しながら、探し求め、

「昨日の自分」との比較で生きていきたい・・

と思った次第です。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 他者との比較は、(目線を上げる以外の理由においては)

  ほとんど意味を為さない。

■ 自分にとっての「役割」や「志」が見つかった時、

  「他者」との比較ではなく、「昨日の自分」との比較

  で生きられるようになるはず。








posted by 安野 広明 at 18:40| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

Vol.1646「“人間性”を磨かずして、信頼関係は築けない」


昨日は

S・Yワークス様主催のセミナーに参加。



講師は、

S・Yワークス代表取締役の佐藤芳直先生、


270万部のベストセラー本となった『国家の品格』で有名な

理学博士の藤原正彦氏、


そして

9月に弊社の特別講演会にもお招きする、

海洋冒険家の白石康次郎氏

の3名です。



また、会場内には、

一昨年、次世代リーダーの会でご講演いただいた

ベストセラー作家で塾経営者の喜多川泰さんや、


来月ご講演いただくウエジョビの比田井和孝さん

もいらっしゃって、

お話しすることができました。



ありがとうございます!


***************************************


佐藤芳直先生のご講演の中で、


「弱者に対する態度が、その人の本性そのもの」


とありました。



なかなか考えさせられる言葉です。



例えば

経済的に裕福な人、社会的に地位の高い人、

肉体的・体力的に優れている人、

知識・経験が豊富な人など、

相対的に強い立場にある人が、

そうでない弱者に対して、

どのような態度をとるのか。



一概には言えませんが、

これを一般的な関係性に置き換えるなら、


▼ 大人の子供に対する態度

▼ 若者のお年寄りに対する態度

▼ 先生の生徒に対する態度

▼ 社長の社員に対する態度

▼ ベテランの新入社員に対する態度


といったところでしょうか。




そして仮に、

強い立場にある人が、


傲慢な態度をとったり、自分勝手な主張をしたり、

相手の気持ちを無視したり、冷たくあしらったり

したとすれば、


弱い立場にある人には、どうしようもありません。



原因は何であれ、

互いの関係性の中で生じた不調和や心の溝は、

強い立場の人が(目に見える・見えない部分の)態度を改めない限り、

修復しようがないのです。



例えば

新入社員の態度が気に入らないからと、

(立場の強い)ベテランや社長が新人教育のさじを投げてしまえば、

もはや改善の余地はありませんよね。



不調和は不調和のまま

いつまでも残り続け、

やがて社内の「ひずみ」となって

様々な(負の)事象として現れるでしょう・・。




ただ、残念なことに、

職場でも家庭でも、

往々にしてそういう事態は起こりがち。



そして、それは結局のところ、

(佐藤先生の言葉に当てはめるならば、)


その人(=強い立場にある人)の「本性」、すなわち「人間性」の部分に拠る


ということだと思います。




「一生」という長いスパンで捉えれば、

すべての人が、


弱者になることもあれば強者になることもある


訳ですので、

そういう意味では、誰もが例外なく、


「人間性」を磨くことが必要不可欠


と言えるのではないでしょうか。




また、佐藤先生は、


「相手の短所を見つけても何の学びにもならない」


「相手の長所を見つけながら生きること」


ともおっしゃっていました。



お互いが、

「人間性」を磨く過程において、


できていないところ、気に入らないところ、ダメなところ

などの粗を探すのではなく、

相手の長所に意識を向けることができれば、


弱者や強者の境が無くなり、

強固な信頼関係が築けるんだろうな〜

と思った次第です。



自戒を込めて・・


****************************************


【本日のまとめ】

■ 弱者に対する態度が、その人の本性(=人間性)そのものである。

■ お互いが、人間性を磨く過程において、

  相手の粗を探すのではなく、長所に意識を向けることで、

  強固な信頼関係が築けるはず。









posted by 安野 広明 at 23:49| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする