2017年05月23日

Vol.1646「“人間性”を磨かずして、信頼関係は築けない」


昨日は

S・Yワークス様主催のセミナーに参加。



講師は、

S・Yワークス代表取締役の佐藤芳直先生、


270万部のベストセラー本となった『国家の品格』で有名な

理学博士の藤原正彦氏、


そして

9月に弊社の特別講演会にもお招きする、

海洋冒険家の白石康次郎氏

の3名です。



また、会場内には、

一昨年、次世代リーダーの会でご講演いただいた

ベストセラー作家で塾経営者の喜多川泰さんや、


来月ご講演いただくウエジョビの比田井和孝さん

もいらっしゃって、

お話しすることができました。



ありがとうございます!


***************************************


佐藤芳直先生のご講演の中で、


「弱者に対する態度が、その人の本性そのもの」


とありました。



なかなか考えさせられる言葉です。



例えば

経済的に裕福な人、社会的に地位の高い人、

肉体的・体力的に優れている人、

知識・経験が豊富な人など、

相対的に強い立場にある人が、

そうでない弱者に対して、

どのような態度をとるのか。



一概には言えませんが、

これを一般的な関係性に置き換えるなら、


▼ 大人の子供に対する態度

▼ 若者のお年寄りに対する態度

▼ 先生の生徒に対する態度

▼ 社長の社員に対する態度

▼ ベテランの新入社員に対する態度


といったところでしょうか。




そして仮に、

強い立場にある人が、


傲慢な態度をとったり、自分勝手な主張をしたり、

相手の気持ちを無視したり、冷たくあしらったり

したとすれば、


弱い立場にある人には、どうしようもありません。



原因は何であれ、

互いの関係性の中で生じた不調和や心の溝は、

強い立場の人が(目に見える・見えない部分の)態度を改めない限り、

修復しようがないのです。



例えば

新入社員の態度が気に入らないからと、

(立場の強い)ベテランや社長が新人教育のさじを投げてしまえば、

もはや改善の余地はありませんよね。



不調和は不調和のまま

いつまでも残り続け、

やがて社内の「ひずみ」となって

様々な(負の)事象として現れるでしょう・・。




ただ、残念なことに、

職場でも家庭でも、

往々にしてそういう事態は起こりがち。



そして、それは結局のところ、

(佐藤先生の言葉に当てはめるならば、)


その人(=強い立場にある人)の「本性」、すなわち「人間性」の部分に拠る


ということだと思います。




「一生」という長いスパンで捉えれば、

すべての人が、


弱者になることもあれば強者になることもある


訳ですので、

そういう意味では、誰もが例外なく、


「人間性」を磨くことが必要不可欠


と言えるのではないでしょうか。




また、佐藤先生は、


「相手の短所を見つけても何の学びにもならない」


「相手の長所を見つけながら生きること」


ともおっしゃっていました。



お互いが、

「人間性」を磨く過程において、


できていないところ、気に入らないところ、ダメなところ

などの粗を探すのではなく、

相手の長所に意識を向けることができれば、


弱者や強者の境が無くなり、

強固な信頼関係が築けるんだろうな〜

と思った次第です。



自戒を込めて・・


****************************************


【本日のまとめ】

■ 弱者に対する態度が、その人の本性(=人間性)そのものである。

■ お互いが、人間性を磨く過程において、

  相手の粗を探すのではなく、長所に意識を向けることで、

  強固な信頼関係が築けるはず。









posted by 安野 広明 at 23:49| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

Vol.1645「重視すべきは、行動の“質”よりも“量”」


何か新しいことを始める際、

一定レベルに達するまでは、とにかく


行動の「質」よりも「量」を優先するべき


だと考えています。



なぜならば、最初から

行動の「質」について言い出すと、


「もっと効率的なやり方があるはずだ」

とか

「もう少し準備してからの方が質が高まるはず」


などと、


いますぐにやらない理由が頭に浮かび、

先延ばしになったり、

スピード感に欠ける可能性が高いから。



これに対して、例えば


「月に〇件、お客を訪問する」


「次回のイベントに、〇人集客する」


などのように、

「量」を目標として定めておけば、

とにかく数をこなすことに意識が向き、


「それだけの量を達成するには、今、何をすべきか」


という逆算思考が働きます。



もちろん

その過程において、

すべてが思い通りに進む訳ではありませんが、


そうやって数をこなしていく中で

必死になって準備をするでしょうし、


知識だけではなく身体感覚として、


どういうアプローチをとるのが効果的・効率的なのか、

何をどう改善すればよいのか、


などが分かるため、

成長スピードも速くなります。





・・少し話は変わりますが、たまに

自己啓発系のセミナーに参加した人から、


「今回も同じような話しだったな〜」

とか

「耳触りのいい話しばかりで、あまり参考にならなかった・・」

とか

「どこかで聞いたことのある内容だった」


などといった感想を耳にすることがあります。



おそらくそういう人は、


「何をやればよいか頭では理解しているけれども、

 何も行動を起こしていない人」


なのでしょう。



なぜならば、

とるべき行動を実践し、

それなりに「量」をこなしている人であれば、


講師の話す内容を身体感覚として理解できますし、


仮に同じような話しだったとしても、


感じ方がその都度変わる(=進化する)はず


だからです。




「量」をこなしていない、

実践していないのに、

効率化うんぬんで悩み、

行動を先送りするのは本末転倒。



とりわけ、取組みの初期段階には、

行動の「質」よりも「量」を重視したいものです。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ 「量」を目標として定めておけば、

  とにかく数をこなすことに意識が向き、

  「それだけの量を達成するには、今、何をすべきか」

  という逆算思考が働く。

■ 量をこなしてもいない、結果を出してもいないのに、

  効率化うんぬんで悩み、

  行動を先送りにするのは本末転倒である。








posted by 安野 広明 at 22:29| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

Vol.1644「“第6回 Next MASUDA ともしびプロジェクト”のご案内(再)」


開催まであと3週間を切りました。


再度のご案内です!


↓   ↓   ↓


今年も例年のように、

「Next MASUDA ともしびプロジェクト」

と題し、

『次世代リーダーの会』(*)主催で

地域の皆様に向けた講演会を開催したいと思います。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html



日時は、6月9日(金)19時〜20時半(開場18時半)、 

場所は、EAGA3階大ホール

です。



講師は

知る人ぞ知る「ウエジョビ魂の伝道師」、

上田情報ビジネス専門学校 副校長の

比田井和孝(ひだいかずたか)先生

で、


テーマは

「何のために働くのか」

です。


<おすすめ本>

「私が一番受けたいココロの授業−人生が変わる奇跡の60分」 ←10万部突破のベストセラー!
https://www.amazon.co.jp/dp/4341131656/

「私が一番受けたいココロの授業 講演編」
https://www.amazon.co.jp/dp/4341131907/

「私が一番受けたいココロの授業 子育て編」
https://www.amazon.co.jp/dp/4341132474/



比田井先生は長野県上田市を拠点としてらっしゃるのですが、

実は、益田ドライビングスクール様とご縁があり、

毎年、Mランド祭りの前夜祭で

卒業生向けに講演されています。

(比田井先生のご著書にも、Mランドのことが紹介されています)




今回は、テーマがテーマだけに、

特に若い方々に聞いてもらいたい内容です。



社員研修としても

ご活用いただけると思っています。




1人1人の

「何のために働くのか」

がカチッと定まれば、

もっと地域が元気になるはず。



ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加下さいませ!



*詳細(チラシ)については、こちらからどうぞ。
      ↓
http://annokaikei.com/tomoshibi29.6.pdf






posted by 安野 広明 at 21:01| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする