2017年04月30日

Vol.1623「視点を高めるための工夫あれこれ」


昨日は

世の中を眺める視点には

「自分視点」、「相手視点」、「第三者視点」の3つ

があって、


リーダーには「第三者視点」が不可欠となる

と書かせていただきました。



本日はその続きです。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1622「リーダーに求められる、“第三者視点”」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170429-1.html




「自分視点」だけではなく、

「相手視点」、「第三者視点」を身に付けるためによい方法は、


自分の姿や行動を、できるだけタイムリーにフィードバックすること


だと考えています。



例えば、

鏡の中の自分の姿を見る

なんていうのもそう。



相手から見られている自分の姿を

自分が理解できてなければ、

そもそも「相手視点」にはなりませんので。



ちなみに弊社では、

私(安野)を含め、各スタッフの机の上に

折り畳み式のスタンドミラーを置いていますが、

これには、

電話応対や接客時の表情をチェックしてもらう

と同時に、

自らを客観的に見つめることで

「相手視点」を身に付ける効果があります。


(まあ、きちんと活用すればの話しですけど・・)




また、

自分が発表したりセミナー等で話している姿を

動画で撮影したり、

ICレコーダーで録音したりするのも

効果的です。



私自身、

社外でお話しさせていただく機会があれば

必ずICレコーダーで録音するのですが、

たまに聞き直すと、

話している時には気付かなかった改善点

がたくさん出てきます。



正直、最初は自分の声を聞いたり

動画で見ることに抵抗や恥ずかしさもありました。



しかし、最近は、

「相手視点」や「第三者視点」でチェックした時に、

改善すべき点が改善されないままになっていることの方が恥ずかしい

と感じています。




さらに、

視点を高めるために有効なのは、

第三者からフィードバックを受けること。



自分がとった行動がどう見えているのかを、

信頼できる人から直接教えてもらうのです。



それは上司であったり、

社外のメンターやコンサルタントであったり。



私の場合、定期的に

個別コンサルを受けることで、

いつの間にか下がった視点を

引き上げていただいています。




上記は一例に過ぎませんが、

そのようにして

自分自身を客観視するための工夫を繰り返しているうちに、

「もう1人の自分」が育ち、

「相手視点」や「第三者視点」が身に付く

のではないでしょうか。




何かのご参考までに。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 「自分視点」だけではなく、

  「相手視点」、「第三者視点」を身に付けるためによい方法は、

  自分の姿や行動を、できるだけタイムリーにフィードバックすること。

■ 自分自身を客観視するための工夫を繰り返しているうちに、

  「もう1人の自分」が育ち、

  「相手視点」や「第三者視点」が身に付くのではないだろうか。









posted by 安野 広明 at 18:25| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする