2017年04月26日

Vol.1619「まずは演じること、そこから成長が始まる」


自分に正直に、本音ベースで、素の自分を出して・・


などの言葉は耳心地がよいですし、

実際、そういう自分を出せる場所(や人)は

あった方がよいでしょう。



ただし基本的には、人前に出たら、


見られたい自分を演じるもの


だと考えています。



ちなみに、私(安野)であれば、

唯一、素を出せるのは

1人の時と家族の前だけ。



会社にいる時は経営者を演じていますし、

セミナーで話す時には講師を演じていますし、

仕事以外で知人に会った時でも

見られたい自分を演じています。



まあ、上手く演じられているかどうかは

分かりませんが・・



もちろん

会社の看板を背負っているから

という理由もありますが、


そういったことを抜きにしても、

演じるのが当たり前ではないのかな〜

と思うのです。



もしも私が

会社で素の自分を出したなら、

元来、ぐうたらな人間ですので、

「こんな経営者にはついていきたくない」

なんてことになるでしょうし・・(汗)。




「演じる」というと、

違和感を覚えるかもしれません。



しかし、

自分がどう思おうと、


他人から見られた自分が「自分」


というのも事実です。



したがって、

他人から見た自分、見られたい自分を

常に意識することは大切ですし、

そういう視点を持つべきと考えています。



そして、そのためにも、


「どういうふうに見られたいか」


という理想のイメージを、

言語化しておくことをおすすめします。


(一応、私も、

 目標設定の一環として理想の姿を言語化していますし、

 ほぼ毎日、目標を眺めるように心がけているつもり)




そうやって

理想の自分を演じているうちに、

やがて思考や行動が習慣化し、脳が錯覚し、

素の自分と一体化した時、

飛躍的に成長できるものと信じています。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 自分がどう思おうと、

  他人から見られた自分が「自分」である。

■ 理想の自分を演じているうちに、

  やがて思考や行動が習慣化し、脳が錯覚し、

  素の自分と一体化した時、

  飛躍的に成長できるはず。










posted by 安野 広明 at 18:24| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする