2017年04月24日

Vol.1617「一度見てしまうと、逆らえない!?」


「初対面の相手がどのような人か」


を判断する時に影響を与えるのは、


視覚(見た目)が55%、聴覚(声のトーン)が38%、

言葉(話の内容)が7%


と言われています(「メラビアンの法則」より)。



それだけ、脳は、

目から入った情報に大きな影響を受ける

訳です。



そして、このことは、

一度、視覚情報として脳に入れてしまうと、

覆すのはなかなか難しい

ことを意味します。



見たらもう、逆らえない(!?)


のです。



したがって、

やるべき仕事や作業がある際に、


「ちょっとだけスマホやテレビを見てから」


というのは、非常に危険。



切り上げるには強い意志を要しますので、

そのままダラダラと時間ばかり過ぎてしまう

可能性があります。



冷蔵庫の中に入っている缶ビールを見てしまったら、

自分に逆らえなくなるもの同じですね(汗)。




だからこそ、

普段の生活の中で必然的に目に入るものを、

定期的に見直す必要がある

と考えています。



そして、そういったことを心がけていれば、

部屋の中も机の上も、

シンプルになっていくのではないでしょうか。




とりあえず、私(安野)の場合、

家での読書時間確保のために、

冷蔵庫内に缶ビールを常備するのは

やめようと思います(笑)。



まあ、似たようなことを

過去にも書いているので、

いつまで続くかは分かりませんが・・



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.905「“時間泥棒”は、自分の中にいた!?」
http://bplan.seesaa.net/article/418902951.html

Vol.232「“あればついつい病”を打破する」
http://bplan.seesaa.net/article/368690714.html



何かのご参考までに。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 人の脳は、

  目から入った情報に大きな影響を受けるため、

  一度、視覚情報として脳に入れてしまうと、

  覆すのはなかなか難しい。

■ 普段の生活の中で必然的に目に入るものを、

  定期的に見直す必要があるのではないだろうか。









posted by 安野 広明 at 19:32| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする