2017年04月05日

Vol.1598「“邂逅”を“運命の出会い”にするために」


ご存知のとおり、

「邂逅(かいこう)」とは、

「思いがけなく出会うことや、偶然の出会い、巡り合い」

を意味します。



「旧友と邂逅する」

とか、

「数年前の邂逅がきっかけで、仲良くなった」

などと言いますよね。



私(安野)は、

仕事の関係で、県外へ出かける機会が多いのですが、

「まさかこんなところで!」

というようなタイミングで、

知人と邂逅した経験は何度もあります。



数年前も、

東京でとあるセミナーに参加した際、

1,000名近く入る会場でたまたま私の隣に座ったのが

東京の知人(勉強仲間)だった・・

なんてことがあり、本当に驚きました。




ただ、残念に感じているのは、

邂逅しても、ほとんどの場合、

その場限りで終わってしまう

ということ。



それでは、

せっかく引き寄せたご縁も、

再び疎遠になってしまい、やがて

出会ったことそのものを忘れてしまう

かもしれません。




思うに、邂逅が、

「意味ある出会い」、

会うべくして会ったという

「必然的・運命的な出会い」になるかどうかは、

出会う側の準備次第

なのではないでしょうか。



つまり、

予期せぬ再会をした際に、


(相手にとって)ご縁を深めるに相応しい自分に成長できているか


ということです。




・・邂逅によって、

その後の人生が大きく変わることもあります。



偶然や巡り合わせを生かすためにも、

日常の中で自分を磨き続け、

成長を怠らないことが大切

だと、改めて思いました。


***************************************


【本日のまとめ】

■ 邂逅が、「意味ある出会い」、「必然的・運命的な出会い」

  になるかどうかは、

  (相手にとって)ご縁を深めるに相応しい自分に成長できているか

  によるのではないだろうか。

■ 偶然や巡り合わせを生かすためにも、

  日常の中で自分を磨き続け、

  成長を怠らないことが大切である。













posted by 安野 広明 at 19:40| 島根 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする