2017年04月27日

Vol.1620「“分かりやすさ”への慣れは、思考停止を生み出す」


いまの世の中、

テレビやインターネットから流れてくる情報は、

「〇〇すれば大丈夫」「〇〇してはダメ」「〇〇が正解」

というような、

単純化・具体化されたものが多いと感じます。



いわゆる

「分かりやすさ」を重視した、

大衆迎合的な情報です。




確かに、それを知ることによって

得られるメリットもあるのでしょう。



しかし、

「分かりやすさ」に慣れ過ぎてしまうと、

自分の頭で考えることを省略し、


「手っ取り早く答えを見つけ出そう、教えてもらおう」


とする人が増えるのも事実です。



そして


「誰かに答えを教えてもらおう」


という思考から抜け出せない人は、

考える力が弱くなり、やがて

思考停止状態に陥ります。



実は、この

思考停止というのが非常に厄介。



人々から想像力を奪い、視野を狭め、

結果として、


自己中心型、依存型、他責型の人間を生み出す


ことにつながるからです。



おそらく、そういう人は、

10年後にはAI(人工知能)に取って代わられる

のでしょうね・・。




だからこそ、

業務時間中のみならず、常日頃から、

(日記なり読書なりで)自分と向き合い、

考える習慣を身に付けることは重要ですし、


すぐに具体的な答えを求めるのではなく、

(仮に抽象度の高い内容であっても、)


自分なりに解釈や意味付けする姿勢、


もしくは、


受け身で「教えてもらう」のではなく主体的に「学び(感じ)とろう」とする姿勢


こそが大切ではないか

と思う、今日この頃。





・・西部地区の新入社員合同研修で

20代前後の若者と接し、

そんなことを痛切に感じました。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 「分かりやすさ」に慣れ過ぎてしまうと、

  自分の頭で考えることを省略し、

  「手っ取り早く答えを見つけ出そう、教えてもらおう」

  という人が増える。

■ 思考停止は、

  人々から想像力を奪い、視野を狭め、

  結果として、

  自己中心型、依存型、他責型の人間を生み出す。

■ 受け身で「教えてもらう」のではなく

  主体的に「学び(感じ)とろう」とする姿勢

  が大切ではないだろうか。











posted by 安野 広明 at 16:22| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

Vol.1619「まずは演じること、そこから成長が始まる」


自分に正直に、本音ベースで、素の自分を出して・・


などの言葉は耳心地がよいですし、

実際、そういう自分を出せる場所(や人)は

あった方がよいでしょう。



ただし基本的には、人前に出たら、


見られたい自分を演じるもの


だと考えています。



ちなみに、私(安野)であれば、

唯一、素を出せるのは

1人の時と家族の前だけ。



会社にいる時は経営者を演じていますし、

セミナーで話す時には講師を演じていますし、

仕事以外で知人に会った時でも

見られたい自分を演じています。



まあ、上手く演じられているかどうかは

分かりませんが・・



もちろん

会社の看板を背負っているから

という理由もありますが、


そういったことを抜きにしても、

演じるのが当たり前ではないのかな〜

と思うのです。



もしも私が

会社で素の自分を出したなら、

元来、ぐうたらな人間ですので、

「こんな経営者にはついていきたくない」

なんてことになるでしょうし・・(汗)。




「演じる」というと、

違和感を覚えるかもしれません。



しかし、

自分がどう思おうと、


他人から見られた自分が「自分」


というのも事実です。



したがって、

他人から見た自分、見られたい自分を

常に意識することは大切ですし、

そういう視点を持つべきと考えています。



そして、そのためにも、


「どういうふうに見られたいか」


という理想のイメージを、

言語化しておくことをおすすめします。


(一応、私も、

 目標設定の一環として理想の姿を言語化していますし、

 ほぼ毎日、目標を眺めるように心がけているつもり)




そうやって

理想の自分を演じているうちに、

やがて思考や行動が習慣化し、脳が錯覚し、

素の自分と一体化した時、

飛躍的に成長できるものと信じています。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 自分がどう思おうと、

  他人から見られた自分が「自分」である。

■ 理想の自分を演じているうちに、

  やがて思考や行動が習慣化し、脳が錯覚し、

  素の自分と一体化した時、

  飛躍的に成長できるはず。










posted by 安野 広明 at 18:24| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

Vol.1618「社内の足並みを揃えるために、セミナーをご活用下さい」


「何のために働いているのか?」


という仕事の目的を問われた際、

『3人の石切り職人』の寓話(*)にもあるように、

回答は人それぞれです。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.349「“仕事の本質”を見据える」
http://bplan.seesaa.net/article/379369901.html



給料のため、生活のため、専門性を磨くため、

お客様のため、地域のため、世の中のため、業界のためなど、

その人の価値観によって様々でしょうし、

どれが正解というものではない

と思っています。



とはいえ、もしも「人財」と呼ばれるような、

上司や仲間やお客様から必要とされ、応援される存在、

会社の財産としてなくてはならない存在

を目指すのであれば、


給料のため、生活のため、専門性を磨くため

などといった利己的な目的だけでは

難しいかもしれません。



自分のことしか考えていない人、

自分のためだけに一所懸命な人

を応援しようとは誰も思わないからです。



まあ、そもそも、

「自分は(人財にならなくても、)給料さえもらえればそれでいい」

と割り切っている人にとっては、

関係ない話しなんですけどね・・




ただし、少なくとも

経営側の人間は、

仕事の目的の範囲を広く捉える必要があります。



お客様や地域を含んだ


「自分以外の誰かのため」


という視点を持たなければ、

自社のファンが増えるはずもなく、

会社を永続させることができませんので。




そのように考えると、必然的に、

経営側と社員側とで、


仕事の目的に対する意識のギャップ


が生まれます。



そして、そういった事態に直面した時、

経営者としては、

(社員個々の価値観や考え方を尊重しつつも、)


一枚岩の強い組織にしていくために、

仕事の目的を含めた全社的な価値観(理念・ビジョン等)を共有し、

社内の足並みを揃えたい


と願うのが正直なところ

ではないでしょうか。




したがって、

意識のギャップを埋めるための施策(=社員教育等)を

あれこれ行うはずです。



個人的には、

それらの施策の中でも、とりわけ有効なのは、


仕事の目的について、第三者から社員に伝えてもらうこと


だと考えています。



経営側が直接的に社員に伝えるよりも、

第三者を通した方が、

素直に聞いてくれたり、納得してもらえる

ことが多いからです。




・・実は、

上記のような意識のギャップ

に頭を悩ませていらっしゃる経営者・経営幹部の方々にも

ご活用いただけるのではないかと思い企画したのが、

以下のセミナーだったりします。



ぜひ、社員研修を兼ねて、

社員の皆さんと一緒にご参加下さいませ!




『何のために働くのか?』比田井和孝氏
http://annokaikei.com/tomoshibi29.6.pdf









posted by 安野 広明 at 22:26| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする