2017年03月25日

Vol.1587「“小さな無責任”を放置しない」


▼ 誰かがやるだろう

▼ 自分1人くらい大丈夫だろう

▼ 今回はやらなくてもいいんじゃないか

▼ まあ、この辺で手を抜いておこう

▼ どうせ誰も気付かないだろう



こういった、1人1人のちょっとした気の緩み、

言い換えると、


たいして悪気はないけれども無責任な行為(=小さな無責任)


は、やがて


無責任が蔓延した組織(=大きな無責任)を生み出す


と考えています。




人間、誰しも、

(本能的に)楽を選びたいもの。



しかし、そちら側(=楽な方)に

意識を奪われ続けた結果として待っているのは、

いつまでも自立できず、

何か(誰か)に依存しなければ生きていけない、

そういった人生かもしれません。



そして、依存タイプの人間

が集まった組織からは創造性が失われ、

成長スピードも鈍化し、

時代の波にのまれていくのは

想像に難くないでしょう・・。




少し話しは変わりますが、

小さい子供がズルや悪さを隠していても、

人生経験が長く、その子の性格を熟知している親には

見えている(気付いている)ものですよね。



それと同じように、

自分では誰にも気付かれていない

と思い込んでいても、

見えている人には見えている(気付いている人は気付いている)

ということは、よくあると思います。



例えばそれは、

上司だったり、社長だったり、お客様だったり、

両親だったり、場合によってはご先祖(!?)だったり。




したがって、

誰にも見られていない時でも、


「常に誰かに見られている」


といった感覚を持ち、

「小さな無責任」を放置しない心の強さを

身に付けたいものです。




自戒を込めて。


*****************************************


【本日のまとめ】

■ 1人1人の、たいして悪気はないけれども無責任な行為(=小さな無責任)

  は、やがて

  無責任が蔓延した組織(=大きな無責任)を生み出す。

■ 誰にも見られていない時でも、

  「常に誰かに見られている」

  といった感覚を持ち、

  「小さな無責任」を放置しない心の強さを

  身に付けたいもの。








posted by 安野 広明 at 22:59| 島根 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

Vol.1586「本当に学べているかどうかの判断基準」


昨日、

『徳望塾』での学びについて書かせていただきました。


*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1585「致知出版社の“徳望塾”での学び」
http://bplan.seesaa.net/archives/20170323-1.html



実は、その中でも、

私(安野)の心にトゲのようにグサッと刺さった言葉

があります。



それは、


「日常の生活態度が変わらない限り、本当に学んだとは言えない」


という藤尾社長のお話しです。



我が身を振り返ると、

学びによってインプットした知識の量

は増えているものの、

ここ数年間で、日常の生活態度が変わったかというと、


「あんまり変わっとらんな〜」


というのが正直なところ(汗)。



本当の意味で学べているとは言えない現実に、

猛省いたしました。



「学んだつもり」になっていたようです。



ただ、今回、

上記の言葉を教えていただいたことで、

そこに気付けたのは大きな収穫

だと思っています(開き直り)。



つまり、

学びが身になっているかどうかは、


「日常の生活態度が変化しているかどうか」


を基準に判断すればよいということ。



そして、そのためにも、

学んだ内容を1つでも多く実践し、それを継続していく必要がある

のは、言うまでもありません。




ということで、

とりあえず私(安野)の場合は、

過去の学びの記録(ノート)を振り返り、

すぐにでも日常に落とし込めそうなところから

手を付けてみたいと思っております。




「学んだつもり」、「分かったつもり」

にならないよう、

何らかの判断基準を持っておくとよいかもしれません。


******************************************


【本日のまとめ】

■ 学びが身になっているかどうかは、

  「日常の生活態度が変化しているかどうか」

  を基準に判断すればよい。

■ 「学んだつもり」、「分かったつもり」にならないよう、

  何らかの判断基準を持っておくとよいかもしれない。









posted by 安野 広明 at 14:12| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

Vol.1585「致知出版社の“徳望塾”での学び」


昨日は

致知出版社主催の『徳望塾』に参加。



昨年10月から毎月通った同講座の日程(全6コマ)も、

今回で最終講となりました。



これで、4年連続の皆勤賞です!(笑)



毎回、致知出版社の藤尾秀昭社長、

安岡正篤記念館所長の荒井桂先生をはじめ、

素晴らしいゲスト講師の方々から学ばせていただける

というのは、

本当に恵まれた環境だと感謝しております。




あと、今回の講義&懇親会が終わった帰り際に、

尊敬する藤尾社長から、


「安野君、遠いところからよく頑張ったね。

 (4年間で)いい顔になってきたよ。」


と握手しながらおっしゃっていただけたのには、

大変感激しました(涙)。



これからも、

藤尾社長、および致知出版社の皆様には

お世話になります!


**************************************


今回のゲスト講師は、

テニスコーチとして娘の杉山愛選手を育てた、

杉山芙沙子氏。



「人の可能性を伸ばす黄金法則」

について、

ご講義下さいました。



ちなみに杉山氏は、1年間ほど、

当時19歳の錦織圭選手のコーチも

つとめられたそうです。



そんな杉山氏のお話しには、

そのまま経営に活かせる内容が盛り沢山でした。



すべては書けませんが、

特に心に残った点は、以下の通り。



▼ トップアスリートは、技術力だけではなく、人間力が優れている

▼ 自分と向き合い、自分を知り、自分を高めていく

▼ 選手の個性的な性格を理解し、リスペクトする

▼ 選手の状況に応じた練習を見つけること

▼ 他人に感謝し、それを言葉や行動に表すことができるかどうか

▼ 相手の気付きを促す質問を常に考える

▼ 事実と感情を区別し、承認する

▼ 選手とコーチが同じ方向を見ること

▼ どんな時も見守ってくれるという信頼感はあるか

▼ 待つこと、そして学び続けることの大切さ




そして以下は、藤尾社長からの学びです。



▼ 「血脈」だけで事業を継承したら失敗する

▼ 先代の魂を伝承し、「法脈」にしないとダメ

▼ 真の活学は、人相を変える

▼ 日常の生活態度が変わらない限り、本当に学んだとは言えない

▼ 言われてやる人 → そこまでの人

▼ 教えられたことは忘れる、自ら学んだことは忘れない

▼ 心、時間、お金などの、「使い方」が人生を決めてしまう

▼ 仕事は自分でしているのではない、色んな人のお蔭でさせてもらっている

▼ 人間の花は、10年後に咲く

▼ 地位や財を得ることも必要、人に潤いを与えることができる

▼ 会社に対する愛情、仕事に対する情熱は、誰にも負けない人でなければ経営者になれない

▼ 自分が学んできたことを全社員に及ぼしていこうとする経営者は少ない

▼ 良いことはお蔭様、悪いことは身から出た錆


などなど。




本日は、備忘録ということで。。。



ありがとうございました!







posted by 安野 広明 at 23:11| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする