2017年02月18日

Vol.1552「異なる価値観を理解することが、コミュニケーションの第一歩」


最近、本業以外の活動において、

年齢も職業も性別も異なる方々と

意見交換する機会が増えてきました。



そんな中で、

相手と自分の意見や考えが一致しない

ということは、もちろんあります。



これまでに培ってきた知識や経験や価値観

が違う訳ですので、

当然と言えば当然でしょう。



そして、つくづく感じるのは、

相手の価値観を理解しようとせずに、

自分の価値観だけで良し悪しを判断するのは危険だな〜

ということ。



したがって

自らの価値観を絶対だと信じて押し付ける

ことにないように、

自分で自分に言い聞かせているつもりです。




例えば、たまに

インターネットやSNSで、

「著名人の発言」や「特定の事件」に対する良し悪しについて

議論を交わしているのを目にしますが、

そもそもの価値観が異なる全くの第三者(ネットユーザー)同士が

折り合いをつけるなんてことは難しいですよね。



それと同じで、まずは

相手との価値観が異なることを理解した上で

やりとりしなければ、

議論が先に進まないと思っています。




また同時に、

相手が「具体」と「抽象」の

どのレベルで話しているのかを、

意識しながら対話する必要があるでしょう。



「具体」の話しばかりで視野が狭くなってきたら、

いったん「抽象」度を高めて

そもそもの目的や方向性を確認し合ったり、


「抽象」的過ぎて具体性に欠けると感じたら、

意図的に「具体」レベルに落としてみたり

といった感じです。




お互いが、(上記のような)

柔軟性をもって意見交換できれば、

多様な価値観の中においても

効果的かつ発展的なコミュニケーションが図れるものと

信じております。


****************************************


【本日のまとめ】

■ 相手の価値観を理解しようとせずに、

  自分の価値観だけで良し悪しを判断するのは危険である。

■ 効果的かつ発展的なコミュニケーションを図るためには、

  相手が「具体」と「抽象」のどのレベルで話しているのか

  を意識しながら対話することも大切ではなかろうか。








posted by 安野 広明 at 18:54| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする