2017年02月08日

Vol.1542「ロールモデルとの出会いを無駄にしないために」


たった1人との出会いで、

世界の見え方・捉え方が一気に広がる

という経験を、

過去、何度もしてきました。



そしてまた最近、

そういう出会いに恵まれつつあります。



本当に、ありがたいことです。



私(安野)の中では、

上記のような方々のことを

「ロールモデル」(*)

と定義付けているのですが、

不思議なことに、


出会わない時はほとんど出会わないし、

出会う時は立て続けに出会う


といった傾向があるようです(あくまで私の経験則上)。



*ご参照下さい。
   ↓
Vol.1185「ロールモデルとの出会いが原動力となる」
http://bplan.seesaa.net/article/433927997.html



おそらく


▼ 特定のロールモデルからの学びを深める時期(=あまり出会わない時期)

と、


▼ 視野を広げるべくロールモデルを増やす時期(=立て続けに出会う時期)

とが、


周期的に訪れるのでしょう。



そして、現在は、

視野を広げる時期に入った、

そんな感じがしております。




それぞれのロールモデルから

何を感じ、どんなことを学べるかは、

いつでも自分次第。



だからこそ、

こうして日々アウトプットを継続することで、

できるだけ自らのアンテナの感度を高め、

チャンスを無駄にしないよう心掛けたい

と思っています。




・・なんだか決意表明みたいになってしまいました(汗)。


*******************************************


【本日のまとめ】

■ ロールモデルとの出会いは、

  世界の見え方・捉え方を一気に広げてくれる。

■ いつ訪れるか分からないチャンスを無駄にしない

  ためにも、日々、

  自らの感度を高める努力が必要である。









posted by 安野 広明 at 22:38| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする