2017年02月06日

Vol.1540「“経営計画書セミナー”のご感想 その4」


先日、


「事業発展の魔法の書、“経営計画書”のポイントについて語ります」


と題してセミナーを開催しました。



ご感想をいただいてますので、

以下にご紹介いたします。



ここから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー

経営計画のない事業運営は、

まるで地図や日程表を持たずにに気ままな旅に出るようなものだと感じました。


プライベートであればたまには良いのかもしれませんが、

取り巻く環境が外部・内部ともに大きく変化している中で

自らの感性だけを頼りに経営することはむしろリスクになりかねません。


経営者自らが、自社の現状をきちんと把握し、

この先どんな会社にしていきたいのかを真剣に考えることが

経営計画の策定には必要ですし、

当然ながら経営計画を策定することが目的ではありません。


経営計画の策定は明るい未来を築くために必要不可欠だと思いましたし、

なにより自社(自分自身)の未来に真正面から向き合う経営者の勇気こそが

一番必要なことかもしれません。


今回のセミナーは、その実現のための大きな一歩になる内容とお話でした。

ありがとうございました。



匿名希望

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーーーー

ここまで



ありがとうございました!




posted by 安野 広明 at 17:05| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする