2017年02月03日

Vol.1537「“経営計画書セミナー”のご感想 その1」


先日、


「事業発展の魔法の書、“経営計画書”のポイントについて語ります」


と題してセミナーを開催しました。



ご感想をいただいてますので、

以下にご紹介いたします。



ここから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー

前回の「どこに手を打てば利益が出るのか?」

に引き続き参加させていただきました。


恥ずかしい話ではありますが、

私は自社の経営計画書は見たことがありません。


そもそも

経営計画書がどういった内容が記載されているのかすら、

ぼんやりとしている状態でした。


その私が参加しても、理解出来るのか不安でした。


正直、どこまで理解出来たのか頭の中で整理ができていませんが、

強く感じたことがあります。


環境や風習を言い訳にせず、

未来像を明確にし会社の隅々まで浸透させることが企業にとって

大切なことであると感じました。


この度のセミナーはとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

この機会を設けていただき、ありがとうございました。


H.M 様


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ーーーー

ここまで



ありがとうございました!








posted by 安野 広明 at 16:39| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする