2017年01月31日

Vol.1534「良い人脈を築くためには、まず足元から」


「良い人脈を築きたい」


とは思っても、

そのために水面下で努力している人は、

意外と少ない気がします。



それを顕著に感じるのは、

メールや電話やハガキでのやりとりです。



例えば、


▼ メールがあってもなかなか返信しない、

▼ 携帯電話に着信があっても折り返さない、

▼ ハガキをもらってもそのままにする、


などなど。



上記のように、

気付いていても反応を示さない

というのは、相手からすれば

無視されているのと同じなので、

もってのほかだと思うのですが、


私(安野)の経験上、

疎かにしている人は多いと感じます。




・・当然ながら、

社会人としてのお付き合いは、

仲の良い友人とやりとりするのとは

全く異なります。



もしも、

自分を成長へ導いて下さる方々との

良好な関係を形成したいのであれば、


まずはメールや電話へのできる限りの即レスや、

手間暇かけた返信など、


水面下の努力(というか社会人としてのマナー)にこそ

意識を向けるべきでしょう。




ちなみに、私は、

講演会の打合せ等で

一流の方々とやりとりさせていただく機会がありますが、

そういった人は、ご多忙にもかかわらず、

返信が早く、かつ丁寧です。



逆に言えば、

一流の人との人脈をつくりたいなら、

上記のような努力を当たり前にできなければ、

スタートラインにすら立てないのではないでしょうか。




新たな人脈や出会いを追い求めるよりも先に、


「自分が相手の立場だったら、どう感じるだろうか?」


という想像を働かせながら、

いまある足元のご縁を大事にし、

良い人脈を広げていきたいものです。




私自身、これからも、

気を抜かないように心がけます!


***************************************


【本日のまとめ】

■ 「良い人脈を築きたい」

  とは思っても、

  そのために水面下で努力している人は少ない。

■ 「自分が相手の立場だったら、どう感じるだろうか?」

  という想像を働かせながら、

  いまある足元のご縁を大事にすることで、

  良い人脈を広げていきたいもの。










posted by 安野 広明 at 18:35| 島根 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする