2017年01月30日

Vol.1533「事業発展の魔法の書、“経営計画書”のポイントについて語ります(再)」


以前にも、当ブログでご案内した表題のセミナーは、

本日開催予定となっています。


以下は、最終のご案内です。


ここから

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

弊社では、4年以上前から、

毎月、『次世代リーダーの会』(*)という勉強会

を開催しています。


*ご参照下さい → http://annokaikei.com/koukeisyanokai.html


そこでは、「自己成長」をテーマとして掲げ、

「やり方」よりも「考え方」に重きを置き、

「お互いの学びや気付きを共有する」

というスタンスを貫いております。


ご参加いただいている方の中には、

目に見えて行動が変化された方もいらっしゃって、

「場の力」を感じているところです。


こちらに関しては、

1人でもお越し下さる限り

今後も継続していくつもりです。


京セラ創業者の稲盛和夫氏が、


「人生の結果=能力×熱意×考え方」

 能力=0〜100点

 熱意=0〜100点

 考え方=−100〜100点


という方程式で説明されているとおり、

いくら「能力」や「熱意」が高くても、

「考え方」がマイナスであれば

すべてがマイナスとなってしまいますので、

やはり「考え方」の部分を磨き続けることは

とても大事だと思います。



とはいえ

商売をしていく上で、

「考え方」という抽象的概念だけでは物足りない

というニーズもあるでしょう。



そういったニーズに対応するため、昨年より、

いままでの定例会 = 「次世代リーダーの会」

とは別に、

「次世代リーダーの会+(プラス)」

という勉強会を、

不定期に開催しております。


ちなみに、どの辺が「プラス」かというと、

「数字や商売に踏み込んだ話をする」

という意味での「プラス」です。



そして、久しぶりに企画する

「次世代リーダーの会+」のテーマは、

現在、弊社で力を入れている、「経営計画書」です。


皆さん、「経営計画書」と聞いて、どんなイメージを持たれるでしょうか?


一般的には、

「今後数年間の数値予測が並べられた書類」

とイメージする方が多いかもしれません。


はっきり申しますが、

それはあくまで(融資を受けるための)「銀行提出用」の経営計画書であって、

本来的な、事業に生かすための経営計画書ではありません。



もちろん、数値計画も大事です。

しかし、数値だけで〇〇〇が無ければ、

それはあたかも

「仏つくって魂入れず」の状態なのです。

(〇〇〇の中身については、当日お伝えします 笑)



昭和の経営コンサルタントとして日本一有名な、故一倉定(いちくらさだむ)氏は、


「我社の未来を決めてしまう経営計画作成の時間を節約するというほど、
 
 間違った時間の使用法は無いのであって、
 
 経営計画に時間をかけることこそ、時間の最も有効な使用法である。

 というのは、計画に費やした時間の数十倍、数万倍の時間が、
 
 それ以降に節約できるからである。」


と喝破していらっしゃいます。


一倉先生のことをご存知無い方もいらっしゃるかもしれませんが、

世の中に出回っている、それなりの料金の経営計画書作成ツールや

経営計画作成コンサルの源流を辿って行くと、

ほとんどがこの一倉先生の教えを参考にしている

と言われるほど、業界的には有名な方です。


実は、弊社の経営計画書も、一倉式を取り入れています。



昨年、弊社では、

もともと作成していた経営計画書を刷新するため、

半年以上かけて、準備に取り組んで参りました。


全社員に浸透させるために、

東京からコンサルまでお招きして、徹底して準備を行い、

やっと準備が整ったので、

とりあえず今回のような形でお伝えしてみよう

と思い立った次第です。


おそらく1時間半やそこらではとてもお伝えしきれない内容

ですので、

今後、複数回に渡って開催することになるかもしれません。


よろしければ、ご検討下さいませ。



日時 1月30日(月) 19時半〜21時

場所 ビジネスプラン会議室

持ち物 筆記用具

対象 上記を読まれて、ご興味ある方ならどなたでも

参加費 無料

特典 定価5千円(税抜)で一般販売している『ビジネスプラン経営計画書(149P)』を、テキストとして差し上げます(ただし1社当たり1冊に限る)。


*セミナー後、メールにてご感想をいただくことが前提となります。

*これまで定例会にお越しになられたことのない方であっても、大歓迎です。



以上、よろしくお願いします!








posted by 安野 広明 at 07:46| 島根 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする